サウジアラビアの写真家

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

イブラヒム・サルハンの冒険

  •  イブラヒム・サルハンとは?

    イブラヒム・サルハンとは?

    平日は建設会社のエンジニアとして働くサルハンは、週末になるとサウジアラビアの知られざる魅力を撮影する写真家&探検家になります。

     

    チベットの山々やアマゾンの熱帯雨林、極地、中央アジア、アフリカなど世界各地を訪れたサルハンは、その旅の中で自らの写真への情熱を見出しました。

     

    現在、旅で得たさまざまな文化の知識からインスピレーションを得て、多様な故郷の姿を世界中の人々に伝えています。

イブラヒム・サルハンのお気に入りのサウジアラビアの場所は?

  • イブラヒム・サルハンのお気に入りのサウジアラビアの場所は?

    サルハンの撮影方法は、冒険的でユニークです。彼は地元ツアーガイドのファイサル・アル・リースとともに山を3日間歩き、アル・リース(Al Reath)県のジャバル・シャクラ(Jabal Shaqra)にある数千年前の代赭石の壁画を撮影しました。

     

    自然の風景と爽やかな雰囲気が魅力のサウジアラビア南部の山岳地帯は、サルハンのお気に入りの場所。ハウラニ(Khawlani)コーヒーの栽培の様子や300年以上の伝統を持つ農家の生活も撮影し、自身でもお気に入りのひとつに挙げる作品となっています。

     

    サウジアラビアのユネスコ世界遺産の撮影にも力を注いでいるサルハンは、国内外からの旅行者に年間を通じてお勧めのスポットを紹介しています。

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み

デバイス機器を傾け回転させてください。
現在のウィンドウは小さすぎてこのシートを正しく表示できません。サイズを変更してください。