魅力的な森と曲がりくねった谷

アル・バーハを体感

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

アル・バーハへの旅では、黄土色の砂漠のイメージとは異なるサウジアラビアを体験できます。高地にあるこの街には、古代の塔、緑豊かな森、曲がりくねった渓谷があります。古代のガーミド(Ghamid)族とザハラーン(Zahran)族はこの地域で独自の文化的アイデンティティを築き、ここでしか見られない1001もの石から作られたカスバの見張り塔を建設して、賑やかなスークを開きました。ハイライトは、車で街を出てヘアピンカーブが連なる山道を進み、アンズやザクロの果樹園を抜け、街の周囲に点在する約40の森に向かうドライブです。トールキンの作品のような谷や廃墟の塔を通って、有名な大理石の村ディーアイン(Dhee Ayn)へと続く道は壮観です。

アル・バーハの人々

アル・バーハ, ご滞在時のおすすめ

V

ディーアイン

アル・バーハの南、壮大なビダ(Bidah)渓谷の白い大理石の露頭に作られたディーアインは、まるでアラビアの城塞がトスカーナの丘に到着したように見えます。「大理石の村」とも呼ばれるこの場所に並ぶ立方体の建物は、400年以上前に石とスレートで作られたもので、1980年代以降は放棄されていました。今日では細い道を歩いて村を散策できます。特に光が白い大理石と背後の色鮮やかな山に反射する黄金の時間は、不気味なほどの美しさに包まれます。

V

ラガダン森林公園

街の西に位置する涼しいサラワト(Sarawat)山脈にある、ラガダン(Raghadan)森林公園。かつては自然に任せるままの場所でしたが、現在では旅行者のニーズに応えて整備されたトレイルが、いたずら好きなヒヒが暮らす丘へと続いています。頂上からは、ディーアインへと続く曲がりくねった道や、周囲の山や谷の美しい景色を眺められます。屋台やバーベキューの設備もあり、地元の人々に混じって夕暮れの丘で食事ができます。

V

シェダ村

ジェベル・ムッサラ・イブラヒム(Jebel Mussala Ibrahim)の山腹に隠れるように存在するシェダ村では、サラワト山脈の緑の断崖と渓谷が作り出すドラマチックな景色を望めます。山を登るドライブ中の景色は絵のように美しく、道脇に点在する古代の石造りの家屋から、過去の時間と村の暮らしを感じることができます。

おすすめ

  • 宿泊場所

    アラマラド(Alamalad)城近くにある伝統的なスタイルのキャピタルO 309アルファレハホテル(Capital O 309 Al-Faleh Hotel)、町の南の自然の風景に囲まれたモダンなサフホテル(Saf Hotel)、道をさらに進んだ場所にある洗練されたナショナルパークホテル・バルジュラシ(National Park Hotel, Baljurashi)など。

  • 食事スポット

    ジュージューと焼けるシーフードの盛り合わせならフィフスシーズン(Fifth Season)、新鮮な生ジュースを味わえるシグネチャー(Signature)、アラビアコーヒーと郷土料理を楽しめるバックヤードカフェ(Backyard Café)、洗練されたアメリカンスタイルのハンバーガーとフライドチキンを提供する65バーガー(65 Burger)など。

  • エンジョイスポット

    キング・ファハド山道沿いにドライブすると、美しい村や深い渓谷といった、アル・バーハで最も美しい景色に出会うことができます。昔の金採掘現場を見学してアル・バーハの歴史に触れてから、ラガダン森林公園の青々と茂った森林の中、星空の下でキャンプも。

  • レンタカー

    Theeb、Al Wefaq、Budget、Europcar各社がアル・バーハに支店を持ち、街周辺の曲がりくねった道や自然へのドライブを提供しています。

  • さらに詳しく

    マイトリップ(MyTrip)は大理石の村ディーアインとラガダンフォレストを含むツアーを提供。ゴーザヒド(Go Zahid)のツアーにはアル・バーハ博物館が含まれています。ボンダイ(Bondai)の4WDツアーではシャダ山をハイキングします。

アル・バーハですべきこと

夏の目的地を探す

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み