文化の首都

アシールを探索

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

紅海沿岸地域の南端にあるアブハーは、アスィール地域の文化の中心地で、サウジアラビアの山岳地帯を探索する拠点としても最適です。現在は博物館になっている泥の壁に囲まれたシャダ宮殿や、5つ星のアブハーパレスホテル近くにある湖と遊園地など、街には数多くの見どころがあります。アブハーや姉妹都市のハミース・ムシャイト(Khamis Mushait)には活気ある伝統的な市場があり、アル・ナスブ(Al Nasb)やアル・バスタ(Al Basta)などの歴史地区も見どころです。さらに周辺に足を伸ばせば、アル・ムフタハ(Al Muftaha)芸術村を訪問したり、壮大な景色のアル・ハバラ(Al Habala)村やリジャル・アルマー(Rijal Almaa)村でカハタニ族の習慣に触れたりなど、アスィール地域のユニークな文化に浸れます。

シャダ山の洞窟

長く魅力的な歴史を峰に連ねるシェダ山の自然の中を巡ってエネルギーをもらう、不思議な旅に出ましょう。美しい洞窟を探検してロッジに滞在する時は、地域特産の蜂蜜やギーを使用した料理を味わうのも忘れずに。焼きたてのパンと地元のシャダウィ・コーヒーがあなたを迎えます。

アル・カット・アスィーリ博物館

アスィールが誇る豪華な遺産、アル・カット・アスィーリ (Al Qatt Al Asiri) 博物館は、世代を超えて人々にインスピレーションを与え続けている女性たちによって開拓されました。博物館では、オーナーであるファティマ・アル・アルマイ (Fatima Al Almaai) 氏が、この地域の歴史と、このプロジェクトを始めるために歩んできた彼女自身の20年間のストーリーを語ってくれます。

ビン・アドワン・ツーリスト・ビレッジ

アスィール地域の必見スポットであるビン・アドワン・ツーリスト・ビレッジ (Bin Adhwan Tourist Village) には、地元料理を楽しめるレストランや、地域の豊かで多様な歴史を網羅する美術館があります。この村の宿泊施設はモダンな設備を備えているので、拠点としてもぴったりです。滞在の際は、是非アル・カット・アル・アスィーリ博物館にもお立ち寄りください。

ハイト・シティ

ハイト・シティ (The Hight City) を訪れると、その現代と伝統が融合した美しさに感銘を受けることでしょう。ここには 18 のレストランとカフェがあり、山の頂上からアブハー市と地元で有名なアカバ・デラ (Aqabat Dhela) ルートのパノラマビューを見渡せます。また、建物の建築には周囲の山々から採掘した石を使用しており、それがアスィール独自のアイデンティティを表わしています。

造船業

この息をのむような美しい海岸沿いの町は、かつて王国の造船業を支える主要な港でした。昔は、よくウルムジと繋ぐ船が行き来していましたが、今日では、自然のままのビーチ、澄んだ水、豊かな生物多様性を備えたランドマーク的な観光スポットとなっています。是非この町に立ち寄って、多様な歴史を眺めながらウムルジの美しさを体感してみてください。

アシール, ご滞在時のおすすめ

V

グリーンマウンテン

ジェベル・ティエラ(別名グリーンマウンテン)は、サウジアラビアでも好奇心をそそられるランドマークのひとつ。アブハーの南にあるこの山は、夜にはエメラルドグリーンのネオンライトに照らされ、街全体からその姿を眺められます。頂上へのアクセスはケーブルカーが最適。上にはレバノン料理のレストランとカフェがあり、テラスからパノラマの景色を望めます。

V

アル・ハバラ

崖から張り出すようなアル・ハバラの村は、好奇心を刺激する不思議な場所。切り立った岩棚に、砂岩でできた家屋が建ち並んでいます。これらの家は、約400年前に縄ばしごでこの地に到達したカハタン族の人々によって建てられました(村の名前はアラビア語でロープを意味する「habal」に由来します)。カハタン族の人々は小さな段々畑で農業を営み、1980年代までここで自給自足の生活をしていました。現在、5月~10月に村へのケーブルカーが運行されています。村では伝統的な花飾りを身に着けたカハタニ族の男性に迎えられるでしょう。

V

アル・ムフタハ・ヴィレッジ

アブハーのボヘミアンアートの中心地であるアル・ムフタハ・ヴィレッジは、文字がペイントされたモスクを中心に広がるコンパクトな美しい地区です。小さなギャラリーでは地域の職人やアーティストによる、カラフルで具象的な作品が展示されています。壁には鮮やかな壁画が描かれており、その多くがアスィール地方の女性が伝統的に自宅に描いてきた幾何学模様をモチーフにしています。モスクの両側にある小さな博物館では、この地域の一家の地位は自宅の壁画の質で決まったことなど、アブハーに残る芸術の物語を伝えています。

おすすめ

  • 宿泊場所

    街を代表するアブハーパレス(Abha Palace)にはガラスのピラミッドとサード湖を見渡す広々としたスパがあります。現代的なバヤット・バイ・クリスタル(Bayat by Cristal)や、街の東にあるビジネス向けのメルキュール・ハミース・ムシャイト(Mercure Khamis Mushait)などもおすすめの選択肢です。

  • 食事スポット

    湖の景色を望むアブハーパレス内にあるナハラン(Nahran)ではアラビア料理を味わえます。有名スポットで地元の名物料理を楽しめるグリーンマウンテンレストラン、上質な西洋料理を提供するNラウンジ、アッサラームパレスホテル(Assalam Palace Hotel)の回転レストランなども。

  • エンジョイスポット

    アブハ・レイク・ダム周辺を散歩して冷涼な高原を満喫したり、ワディマハラを訪れて、アブハの野鳥や野生生物の群衆を観察。チューズデイ・マーケットとして知らせるスーク・アルスラサの市場でお土産にぴったりの香、地元産蜂蜜や美しい手作り工芸品を眺めるのも。

  • レンタカー

    アブハー中心部にもオフィスがありますが、Avis、Theeb、Budget、などのレンタカー会社のほとんどが、ハミース・ムシャイトへ向かう道路沿いにあります。

  • さらに詳しく

    アメージングツアーズ(Amazing Tours)のアイランド&マウンテンツアーでは、アブハーとアル・ハバラ村を訪れます。ボンダイ(Bondai)の夜のツアーにはシャダ宮殿とグリーンマウンテンが含まれます。アルボラク(Alboraq)の5泊ツアーではアブハーの街を通り、有名なリジャル・アルマー村も訪れます。

アシールですべきこと

他の目的地を発見

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み