伝説の裏にある物語

アジャとサルマの悲劇と愛の物語

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

アラビア半島のいたるところに、歴史、象徴的な意味、人々、不可思議な出来事、勇気などをテーマにした物語があります。文化と遺産が入り交じったサウジアラビアの伝説は、人々、場所、時代の物語の記録といえるでしょう。「伝説の裏にある物語」記事シリーズでは、「2人の恋人と彼らの山をめぐる物語」を皮切りに、これらの伝説の裏話(あるいは物語)をご紹介します。

どんな伝説も、いつ何が起きたかについて議論されています。ダーランにあるプリンス・モハメド大学で人類学を教えるローラ・ストラカン教授は、内容が似ているものの少し異なる神話が国のあちこちに存在することがよくあると述べています。

 

アジャとサルマと呼ばれるシャマール山の頂

 
現在、アジャとサルマは、ハイル州北西部のシャマール山岳地域にある双子の山を指します。しかし、これらの山の名前は、イスラム教以前のアラビアに遡るアジャとサルマの悲愛の物語に由来しています。
いくつかのバリエーションでは、2人は別々の部族の出身で、それが緊張を引き起こし、結局2人の関係は認められなかったためアジャとサルマは駆け落ちすることになったと語られています。他にも、サルマの兄弟らがアジャとサルマとの結婚を許さなかったとする説や、若い恋人たちの結婚に反対したのは両親だったとする説など、諸説あります。物語のすべてのバージョンにおいて、悲しいことにサルマとアジャの両方が殺されています。1人はハイル山の南側の山頂で、もう1人は北側の山頂で命を絶たれました。
幸い、アジャとサルマの愛は死とともに断たれず、より強いものになりました。物語のいくつかでは、山を動かすことができるほど強くなったということです。ストラカン教授は、リヤド郊外の村々にある様々な保護地域を調査していた際に似たような話を聞きました。
「確かにこの話を聞きましたが、リヤドに近いということで地元の話だと思っていました」と彼女は述べています。「でも、村の人々は2つの山について触れ、2人が愛し合っていたため、実際に山がどのように動いて近づいたのか話してくれました。」

楽しいお話:もう1つ地質学的に関わるサウジの恋物語をご紹介します:アル・ワーバ・クレーターは、ジェッダから北東に約4時間のところにある火山活動の名残ですが、2つの山が恋に落ちた結果だという伝説がここにもあります。互いにとても愛し合っていたため、一方の山がもう一方の山と一緒になるためにその場を離れました。その山があった場所の噴火口の底にはキラキラと輝く陥没(塩田とも呼ばれる)のみが残されたのです。

ストラカンは、火山活動やそれによって現れる円錐形の火山のような現象を説明するために、このような伝説が広がったのではないかと示唆しています。「遊牧民は、なぜ地形的な特徴があるのか、なぜそうなっているのかを説明しようとしているのです。」と彼女は述べています。「彼らはプレートテクトニクスを[理解する]教育を受けていなかった代わりに、恋人たちの願いと解釈したのです。」

アジャとサルマの物語は、観光、文学、エンターテイメント(2016年に作家兼テレビ司会者のモーシン・シャイク・アルハッサン博士が3つの恋物語の1つを連続ドラマで紹介)の場で今日も生き続けています。そして、すべての伝説のように語り継がれています。

 

アジャ山とサルマ山周辺の見どころ

ハティム・アル・タイ

アラビアの偉人ハティム・アル・タイの故郷

ハティム・アル・タイは、6世紀にアラブで活躍したタイ族の詩人です。献身的かつ寛大で、尊敬されていた彼の伝説は、有名な「千夜一夜物語」(別名「アラビアンナイト」)のエピソードや、多くの詩、映画、テレビ番組にも登場しました。アジャ山の北西の斜面では、保存状態の良いハティムの宮殿の遺跡を探索したり、彼が眠っているとされる近くの小さな墓地を訪れることができます。

ハイル州の王室の歴史に触れる

州都ハイルの中心部にある3つの城をご紹介します。最も長い歴史があり最も有名なのは、17世紀にアル・アリ家が建設を始めたアーリフ要塞で、アッ・ラシード家の支配下で増築されました。要塞は山頂にあるため、市内のどこからでも眺めることができます。サウジの統治下におけるアーリフは、ラマダンの月を眺め、イフタールの大砲を発射し、日中の断食の終わりを告げるための集会場所でした。
2番目に古い宮殿はバルザン城です。1800年代に建てられたこの建物の面積は、かつて30万平方メートル以上でした。この城の大部分は1921年に破壊されましたが、街の中心部に残っている塔の一つを今もなお見ることができます。
最も新しいのものは、1940年代に軍隊を守るために建てられたアル・キシュラ城です。一時は刑務所として使われていましたが、今日では政府により歴史的建造物として復元されています。

中東の食を楽しむ

お腹が空いたら、鶏のマンディーなどおいしい中東料理を味わえるAl Turathiでランチやディナーはいかが?2階建ての建物のいたるところに様々なアンティークが飾られています。

旅程を立てる

 
今すぐサウジアラビア旅行の計画をはじめましょう。王国にはハイル空港をはじめとする13の主要空港があり、複数の航空会社が乗り入れているため、到着も移動もスムーズにできます。
 
- リーザ・ツィマーマン

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み