エピクロスの冒険

Top 7 サウジアラビアのアラビアチーズ

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

ジュブナはアラビア語でチーズを意味します。サウジアラビアの国際マーケットや高級レストランであらゆるチーズの種類を見つけることができますが、伝統的なアラビアのチーズが依然として最も人気があります。サウジアラビアを訪れるときは、これらの人気のある7つのホワイトチーズをぜひお試しください。

 ナブルシ(Nabulsi)

パレスチナのナブルスの町で生まれたこのチーズは、大人気の甘しょっぱいデザートであるクナーファ(kunefe)に欠かせない材料です。クナーファというのは、揚げたヴェルミチェッリにナブルシチーズを挟んだり載せたりし、カリカリになるまで焼き、ローズウォーターが入ったシロップをかけるお菓子です。ナブルシチーズは山羊乳または羊乳から作られたセミハードチーズであり、無塩と塩水漬けかの二種類が販売されています。塩水漬けの方は非常に塩辛く、「欧米の方にはエキゾチックな味がするだろう」と、伝統的な食品の記録者であるマジェド・アル・ムハンナ氏は述べました。普段、ナブルシチーズはサラダやサンドイッチに使用する前に一晩浸します。

チャミー(Chamee)

この自家製のチーズは、アラビア半島の伝統的なチーズです。この地域で輸入チーズ簡単に手に入る前の遊牧民の時代に特に人気がありました。液体ヨーグルトのラバンから作られる、リコッタのような食感と塩辛い味わいが特徴です。多くの地元の人々は、チーズを詰めたナツメヤシやチーズと蜂蜜をトッピングしたフラットブレッドなど、甘味と塩味の組み合わせを作るのにチャミーチーズを使います。

ハルーミHaloumi)

レバントからのもう1つの輸入品であるハルーミは、山羊乳と羊乳から作られた塩漬けチーズです。塩辛いですが、食べる前に浸す必要はありません。グリルまたはフライパンで焼くだけで十分なのです。サンドイッチにピッタリの歯ごたえがある塩辛いチーズで、おやつとしても食べられます。新鮮なスイカやグリルトマトと見事にも調和します。 「私は食感と味が大好きです。とても柔らかいですが、形を保っています。」とアル・ムハンナ氏は話しました。

パックチーズ

オランダで生産されていますが、1960・1970年代に工業用乳製品会社によってサウジアラビアに導入されたこの加工乳製品スプレッドは、「サウジアラビアの家庭で最も一般的に食べられるチーズ」であるとアル・ムハンナ氏は説明しました。パックチーズを白パンに塗り、パンを巻くというのは間違いなくパックチーズを楽しむための最高の食べ方です。誰でも喜ぶもう一つの食べ方は「チップスオマーン」サンドイッチです。これは、チリ風味のポテトチップス、パックチーズ、肉(ホットドッグの場合もあります)をパンに挟んだ独特の地域のスナックです。

アッカウィ/タイフバラディ

アッカウィチーズは、やや塩辛く、モッツァレラチーズのような食感のある柔らかな白いチーズです。ピザに似た人気のフラットブレッドであるアッカウィマナイーシのトッピングに最適です。無塩の種類は、チーズとクリーム、砕いたピスタチオ、ローズウォーターシロップが入った人気のラマダンデザートのカターイフを作るために使用されます。アッカウィにやや似ているのは、名前の由来となった地域でのみ生産されているタイフバラディチーズです。 「少し苦味があることは独特です」とアル・ムハンナ氏は話しました。低温殺菌バージョンと非低温殺菌バージョンがありますが、アル・ムハンナ氏は前者を選択することをお勧めします。

サウジアラビアのフェタチーズ

この地中海の定番チーズのサウジアラビア版はこの地域に比較的新しく導入されたものですが、すぐに人気ランキングに上がりました。サウジアラビアのフェタチーズは、ギリシャのよりもマイルドな牛乳から作られたクリーミーな塩漬けカードです。サウジアラビア人は温かいフラットブレッドの上にこのチーズと新鮮なハーブをのせて食べるのが好きです。

ラブネ

「ラブネもサウジアラビアの家庭での大人気のチーズです」とアル・ムハンナ氏は言いました。歴史的に、ラブネは砂漠を横断する遊牧民の旅のために新鮮なミルクを保存および保管するために作られました。当時作られた発酵した飲用ヨーグルトやオイルやハーブでコーティングされたチーズのボール等のラブネの種類は未だにアラビアの料理に不可欠です。液体からクリームチーズのようなものまでのラブネの異なった食感の種類は、チーズクロスでの排出時間に応じて作ることができます。 ラブネは、焼きたてのパン、スライスした野菜とハーブと組み合わせたり、オーブンから出されたカリカリのマヌウシェ(フラットブレッド)にのせたりして食べられることが多いです。

サウジアラビアの定番であるナツメヤシの歴史を掘り下げたいなら、ここをクリックしてください。

—フェリシア・キャンベル氏は、中東を広く旅してきた料理本の著者、雑誌の編集者、料理人類学者です。

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み

デバイス機器を傾け回転させてください。
現在のウィンドウは小さすぎてこのシートを正しく表示できません。サイズを変更してください。