旅行者の伝統の物語

サウジアラビアのフラワーマンを見つけましょう

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

世界中の文明で、花冠をつけた人々の長い歴史があります。古代の時代では権力や愛や永遠などの象徴を表し、古代ギリシャではアスリートと軍人への賞でした。また、伝統的なウクライナの民族衣装では女性が結婚する年齢に達していることを伝えるための印であり、世界中の花嫁にとって結婚式のアクセサリーの一つでもある。そして、花冠はサウジアラビア南西部でそれをつける男性にとっても重要性があります。ジーザーンとアシールの人里離れた山間の村では、男性は何世紀にもわたって花冠を日常の服装に取り入れてきました。

ティハマ族とアシール族の子孫であるこの地域の人々は、強くて独特の文化を持っています。その文化と彼らの頭を飾る花冠の重要性について詳しく知るために、私たちは過去10年間に3回フラワーマン(花の男性)を訪れた写真家エリック・ラフォルグ氏と取材しました。彼の話と写真を以下に紹介します。

花との友情を築く

1980年代にティエリー・モーガーの本でフラワーマンに関する写真や情報を見て、ラフォルグ氏は、2010年に観光ビザでサウジを訪問する機会があったとき、一番したかったのはフラワーマンに会うことだと言いました。

「サウジアラビアは国境を開放したと聞いたとき、「私が最初に見たいのはジェッダだと思いました。それは素晴らしい歴史的な町であり、フラワーマンにも会いたいからです」と彼は話しました。

最初の旅行中に、ラフォルグ氏はポラロイド写真を撮り、出会った男性と共有することによって友情を築きました。彼らの多くは外国人に会ったことがありませんでした。

「人々は色とりどりの服で本当に美しかったです」とラフォルグ氏は言いました。そして年配の男性は花冠に加えてヘナで染められたあごひげも持っていました。 「それは本当に面白かったです。そして、その地域の建築は美しかったです。彼らは山に住んでいるので、岩でできた家がいくつかあります...この非常に古い文化を見るのは本当に印象的でした。」

彼の最初の旅行は短かったですが、衝撃的でした。サウジアラビアは2019年に再び国境を開放するとすぐに、戻ってきました。 「それから[1年後] 3回目に戻ってきましたが、彼らは私を覚えてくれたので、とても良かったです」と彼は語りました。 「彼らはおもてなしの心を持っています。」 2019年と2020年の旅行で、ラフォルグ氏は花を売る市場を見て、2回目の旅行で彼に花冠を贈った男性と多くの時間を過ごすことができました。

「彼らはどのように花冠を作るのかを私たちに見せてくれてとても嬉しかったです」と彼は話しました。

花冠は、部族に結び付けられた香りのよい花と色を使用しており、薬効があることで知られる植物相も入っていることもあります。 「花には意味があります」とラフォルグ氏は説明しました。「ある花は美しいだけですが、ある花は薬草の花です。その花の香りは鼻や熱に良い効果があるのです。」

フラワーマンの花冠

サウジアラビアには砂漠が広がっていますが、アシール地域では、2,000種以上の花の種類が生息しており、他の地域よりも降雨量が多くなっています。つまり、フラワーマンは、アデアやサビヤなどの地元の市場から花冠に何を使うかを選択するときに、さまざまな花を取り入れることができます。一般的な使用されるのはマリーゴールド、野生のバジル、フェヌグリーク、そして時にはジャスミンのような花です。

「花は地元の男性が所有しています。彼らはさまざまな種類の花がある大きな花畑を持っており、毎朝花を切ります」とラフォルグ氏は話しました。花は新鮮でなければならないことは重要です。より精巧で華やかな花冠に使用されているジャスミンのような花は、冷蔵庫またはアイスボックスで冷やしておく必要があります。

「[市場で]彼らは「これ、これ、これ、これが欲しい」と頼み、それから売り手はそれを買いに来る人のために特別に花冠を作ります」とラフォルグ氏は話しました。

各花冠は2〜3日もちますので、男性は新しい花冠を買うために数日ごとに市場に戻ります。 「彼らは花冠にとても満足しています」とラフォルグ氏は述べました。ラフォルグ氏は、男性がInstagramに写真を投稿することで、新しい花冠を披露することがよくあると付け加えました。

独自の文化

ラフォルグ氏は旅行中にコーヒーを飲むのに家や野外集会所に招待され、現地の文化や歴史について現地の人々とおしゃべりをしました。 「彼らは自分の文化をとても気に入っているので、彼らの文化は周りの文化と別物だと思っている」とラフォルグ氏は語りました。

一人の若者がラフォルグ氏と彼の翻訳者と何時間も一緒に座って、彼の民の生活について話しました。ラフォルグ氏にとって、これは彼の最高の経験の1つでした。

「私たちが去る前に、彼は「待って」と言い、家に帰ったと思います、そして彼は戻ってきて私たちにいくつかのスカーフをくれました」とラフォルグ氏は話しました。 「私たちは何も頼んでいませんでした。彼は「外国人に会えてうれしかった」と説明しました。彼にとって、それはただの友情のしぐさでした。

この地域を探索してフフラワーマンに会いたい旅行者は彼らの文化を尊重することがポイントだとラフォルグ氏は言いました。 「あなたが彼らの文化を尊重し、彼らの文化を愛していると彼らは感じたら、はるかに歓迎し、あなたを案内し、何人かの友人にも会わせるのに時間を作ってくれます。」

もっと詳しく知りたいですか?サウジアラビア南西部への旅行を計画しましょう

ビジョン2030の一環として、国は2019年に国境を開放し、観光活動を拡大しています。つまり、サウジアラビアへのアクセスがこれまでになく簡単になったのです。 「電子ビザがあれば、簡単に行くことができます」とラフォルグ氏は述べました。 「オンラインで申し込むと、24時間で返事をもらいます。」

さらに、2019年に、文化省は、その男性たちの伝統と遺産についての意識を高めるために、最初の毎年恒例のフラワーマンフェスティバルを開催しました。このフェスティバルは、アシール地域に位置している粘土、木、石で作られた約60の数階建ての建物があるリハル・アルマー村の野外博物館として機能しました。このフェスティバルでは、ライブフォークパフォーマンス、ヘリテージマーケット、アートと詩のナイトなどが行われました。

地元のツアーガイドを雇うことで満足できる経験が得られるだろうが、この毎年開催されるフェスティバルは、そのユニークな地域、現地の人々、そして彼らの愛する花冠についてもっと知る機会を与えます。

動植物が好きですか? visitsaudi.comをチェックし、バラで有名なタイフや世界最大のフラワーフェスティバルの一つが開催されるヤンブーなど、サウジで立ち止まってバラの香りを嗅ぐことができる場所を見つけましょう。

 

—リーザ・ツィンマーマンは、以前にClub Traveler、Boston magazine、New England Travel、American Airlines、AtlasMagazineで執筆した旅行作家兼編集者です。

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み

デバイス機器を傾け回転させてください。
現在のウィンドウは小さすぎてこのシートを正しく表示できません。サイズを変更してください。