アル・ハダ・ロード沿いの旅

頂上からの眺め

アル・ハダ・ロード沿いの旅

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

ターイフの街の近くにあるアル・ハダ・ロードの頂上では、いたずら好きなヒヒが走り回る中、地元の家族が石の多い地面に敷物を広げてカップやポットを並べています。到着して一息ついたら、コーヒーやスパイスティーを飲みながら、何層にも重なった山の景色を眺めましょう。ここは間違いなく世界で最も美しい場所のひとつです。夕暮れ時には山は青灰色のさまざまな色合いへと変化し、滑らかに曲がりくねる道がメッカのある平野に向かって山腹を下っています。ジグザグに山を這う小さな石垣が目印の古いラクダのキャラバンルートは、メッカやその先のジェッダの海岸に向かって歩いたかつての交易商人の姿を思い起こさせます。

海抜2000mのここまでやって来ると、巡礼をしているように感じられるでしょう。メッカを訪れる信仰深い人々もこの有名なアル・ハダ・ロードを通って旅をし、頂上近くのフルーツマーケットに立ち寄ります。そこでは地元部族の子孫たちが、この地域で有名な季節の果物を販売しています。サウジアラビアの多くの地域は夏に蒸し暑くなりますが、山岳地帯であるターイフ地方は比較的涼しく保たれ、土地も肥沃なため、国内最高級のアンズ、イチジク、桃、ザクロなどが生産されています。果物の売り手は穏やかな笑顔で訪問者を歓迎し、たいてい購入前に試食させてくれます。フルーツマーケットからはターイフに向かって道が平坦になり、観覧車、トボガントラック、乗り物などがある遊園地を通り過ぎます。

アル・ハダ・ロード沿いの旅

アル・ハダに行く方法はこの道路だけではありません。サウジアラビア最長4.2 kmのケーブルカーが山頂へと運行されており、ラクダのキャラバン、曲がりくねった道、陰影のある山頂の美しい景色を見下ろしながら移動できます。ゲーブルカーの一番下の終点はアル・カー(Al Kar)ツーリストビレッジで、そこには丘の中腹に建設されたウォーターパークと、金属製のコースを駆け下りるトボガンライドがあります。ショッピングアーケードのあるこのエリアは、他のアミューズメントエリアよりもエレガントなデザインで、そのアーチと柱はイスラムとローマが融合したヒジャーズ地域の建築様式を反映しています。

多くの地域と同じく、礼拝への呼びかけがトボガントラックのそばにあるモスクから規則正しく聞こえてきます。夏の間は、サウジアラビアの多くの場所と同様に、公園は遅くまで開いています。真夜中には最終のケーブルカーがゆっくりと揺れながら頂上に向かって進み、山腹をジグザクに蛇行して走る車のライトが光のインスタレーションを作り出します。ターイフの美しい山岳地帯での穏やかな一日の終わりを告げる光景です。

  

営業時間

アル・ハダのケーブルカーは、水曜~土曜の午後1時30分から真夜中まで運行しています(季節によって変動する場合あり)。往復チケットは大人が60リヤル(約16米ドル)、子供が30リヤル(8米ドル)です。

アル・カー・ツーリストビレッジは、水曜~土曜の午後1時30分から真夜中まで営業しています(季節によって変動する場合あり)。

アル・ハダ・ロード沿いの旅

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み

デバイス機器を傾け回転させてください。
現在のウィンドウは小さすぎてこのシートを正しく表示できません。サイズを変更してください。