アラブの伝統

アラブ馬の美しさと歴史

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

ベドウィンの古いことわざで「馬は神様が人間に与えた恵みだ。」と言います。

馬へのサウジアラビア人の愛情は深いです。「私たち、アラブ人は馬を飼うので、自分の遺産だと感じる。」とムテブ・アルトカユス氏、リヤド市に位置するPrestige Arabian調教センターの所有者、が言います。多くのサウジアラビア人のように、アルトカユス氏は、子供の頃からアラブ馬に惹かれてました。しかし、そのショーを始めたのは、サウジアラビアを離れた後でした。「アメリカの大学で言語学の分野に修士号を取得した。当時、調教センターでアシスタントとして働いた。」とアルトカユス氏が言います。その時に、彼は母国で調教センターを開こうと思いました。「サウジアラビアではワールドクラスの馬がいる。サウジで馬を調教しよう!」と言い、アメリカで出会った奥様と一緒に、ページェントのような競技であるホルターに特化した、サウジアラビア初の調教施設の一つを設立しました。

以下のビデオでは、アラブ馬の活躍をご覧ください!そのビデオではアルトカユス氏の魅力的なホルターの世界について分かります。それから、サウジアラビア人にとって、なぜある動物が非常に特別になるのかをについてお読みください!

アラブ馬の歴史

多くの専門家は、アラブ馬の起源はアラビア半島またはその周辺にあると考えています。ラクダは、サウジ人の心を掴むもう一つの動物、砂漠に住む人々にとって肉、ミルク、革、移動手段を提供する動物でしたが、アラブ馬はスピードと機動力に優れていたため、戦闘や荷物の運搬、旅行に使われました。現代の馬種の耐久性は、砂漠での進化のおあかげです。(アラブはナツメヤシやラクダのミルクなど、通常とは異なる飼料でも生きていけます。)

やがて戦争や交易、交配によって、アラブ馬はヨーロッパをはじめとする世界各地に広がりました。アレキサンダー大王、チンギス・ハーン、ジョージ・ワシントン、ナポレオン・ボナパルトなどはアラブ馬を乗った歴史上の名人物の中の例です。アラブ馬と地元の馬を交配させることはその子孫を強化すると外国人はすぐに分かりました:より速く、より少ない飼料で、より長く生きられ、より多くのスタミナを持っていたからです。その結果、現在のアラブ馬の血は、世界中の多くの馬の種に強い遺伝的貢献をしています。「アラビア半島から始まったアラブ馬は、今ではどこにでもいます」とAltukhaysは言います。「しかし、その祖先は全て砂漠にまで遡ることができます。」と言い加えいます。

サウジアラビア人とアラブ馬のユニークな絆

 

3,500年以上前の古代エジプトの美術品にもアラブ馬が登場していますが、現在のような純血種を生み出し、洗練させたのは、アラビア砂漠の遊牧民、ベドウィンでした。砂漠で長い間一緒に暮らしてきたからこそ、サウジアラビアでは人と馬の間に深い仲間意識があります。アラブの馬主たちは、まるで家族の一員のように馬とテントを共有していたということで知られています。預言者ムハンマド自身も、アラブ馬に敬意と優しさをもって接するよう、信者に呼びかけていました。

Sample alternative image text

アラブ馬の特徴

アラブ馬の平均の身長は143〜155cmぐらいです。多くの乗用馬に比べて小柄と見られます。首は長くて、弧のようです。尻尾を高く持ち上げることも大事な特徴です。極めて特異なシルエットも持っています。骨格は細身から中肉中背で、体重は360~450キロぐらいです。アラブ馬は持久力、運動能力、優雅さを持ち、人間に馴染みやすいため、ほとんどの馬術競技に優れています。長距離競技、馬場馬術競技(ゆるやかな服従訓練のようなもの)、ホルターに適した馬です。「私たちは自分の馬で、サウジアラビアや世界中のホルターショーに参加してきました。チャンピオンや王室の馬も育てました。しかし、本当にアラブ馬は皆に向いていると思います」とアルトカユス氏は言いいます。「アラブ馬は美しくて、魅力があるので、人々を惹きます。アラブ馬のそばにいると、別の世界に連れて行ってくれるのです。」

アラブ馬はうれしい時に、旗のように、尻尾を高く持ち上げます。

visitsaudi.comではジュエリーアラビア書道 のような他のアラブの伝統についての詳細を検索できます。