Relive Your Childhood at Taybeen Museum

風変わりで素晴らしい

タイビーン博物館で子供時代を追体験

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

アル・コバール中心部から車で10分の住宅街には、特別に情熱的なプロジェクトで作られ、過ぎ去った時代へのまったく思いがけない旅を楽しめるタイビーン博物館があります。

 

外見は、いくらかのネオンの照明と控えめで黄色い「ウェルカム」の看板だけが家族の住む普通の家と異なる点ですが、中に足を踏み入れると、タイビーン博物館は決して普通ではありません。

 

「博物館」という言葉は、落ち着いたホールや埃っぽいガラスのキャビネットのイメージを思い起こさせることがよくありますが、それとは異なりタイビーンは奇抜な博物館です。まず第一に、郊外住宅を利用した博物館は大きな鳥小屋でもあり、入るとカラフルな鳥たちのコレクションの歌に包まれます。鳥たちは小さな聖域で陽気に飛び回っており、30分間の楽しい散歩を満喫できます。

 

いくつかある休憩スポットの1つで素早くお茶を飲んだ後は、博物館自体に足を踏み入れることができます。博物館には、古典的なポップカルチャーの印刷物から記憶に残る広告の品まで、豊富なビンテージの掘り出し物があります。このコレクションは所有者マジド・アル・ガムディの趣味として始まりましたが、すぐに10,000点を超える遠い昔からの大衆文化の珍しい品が集まりました。

 

セサミストリート、スターウォーズ、マーベル・コミックのスーパーヒーローの子供時代の懐かしいキャラクターのほか、過去1世紀の炭酸飲料の缶やお菓子の包装、そしてステレオやカメラなどの身近な家庭用アイテム専用のキャビネットもあり、微笑みながら懐かしい思い出を回想できます。

 

これはまさに創設者が意図したことです。彼は、訪問者がこれらの展示品に関連する子供時代の記憶を追体験し、壁に貼られた記述によると、「幸せを感じる」ことを望んでいます。彼は、回想を通して、あらゆるタイプの訪問者が共有体験に根ざした共通のつながりを形成して欲しいと考えています。そして、この楽しい思い出が溢れる館内を巡りながらニヤニヤ笑わないでいることは間違いなく非常に難しいです。

 

タイビーン博物館への入場には、5〜15歳の方は15リヤル(4ドル)、16歳以上の方は25リヤル(6.66ドル)を支払う必要があります。博物館を一巡するのに約45分かかります。その後、入り口にあるスイーツ・ショップでレトロなお菓子を食べることができます。

Taybeen Museum