Saudi Architecture Saudi Architecture

素晴らしい場所を探索しましょう

サウジアラビア建築の5つの見事な例

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

イスラム教で最も神聖な場所のいくつかを備えたサウジアラビアの建築は素晴らしいです。華やかな何世紀も前のモスクに加えて、この国には、超近代的な文化センターや紅海の珊瑚石灰岩で作られた歴史地区や世界でのいくつかの最も高い高層ビルがあります。以下のビデオをご覧になり、サウジアラビアの5つの印象的な建築物のツアに参加してみてください。次に、これらの荘厳な場所で何が見られるか、何ができるかなど、詳細を読んでください。

Sample alternative image text Sample alternative image text

キングダムセンターの上にあるガラスのスカイブリッジ展望台からリヤド全体を見渡せます。

キングダムセンター

世界で最も高い建物の1つであるリヤドのキングダムセンタータワーは、サウジアラビアの首都のスカイラインの象徴的な部分です。地元の建築事務所Omrania and Associatesと米国を拠点とするEllerbe Becketによって設計されたモダンな多目的ビルは、高さ300メートルであり、東と西の翼を備えています。建物の独特の湾曲した形状と使用されているいくつかの材料は、建物を涼しく保つために慎重に選択されました。建物の最も狭い端は東と西に面しており、そこはもっとも暑いです。建物の表面は、耐熱性のある反射ガラスからできて、アラビアの暑さをシールドします。

上部の開口部はなぜありますか?それにも目的があります。 リヤドにおいて30階は使用できるフロアの高さ制限があります。それよりも高く構築するために、逆アーチ開口部の周りのフロアは使用されていません。ただし、そのフロアは上部で繋がり、訪問者は街の景色を楽しむためガラスのスカイブリッジ展望台があります。

高所恐怖症ですか?ショッピングモールやレストランやホテルやスポーツ施設や結婚式場など、この近代的な建築物の中にも、見どころがたくさんあります。 「キングダムタワーとフォーシーズンズホテルリヤドはサウジアラビアで最も象徴的な建築物であ

り、そこでいくつかのユニークな結婚式を計画しました」と、フォーシーズンズアットキングダムセンターの結婚式のスペシャリストであるドウニアエル・ドラ氏は話しました。

Sample alternative image text Sample alternative image text

アルバラド(ジェッダ)

2014年以来、ユネスコの世界遺産に登録されているジェッダの歴史地区、アルバラドは7世紀に設立されました。今日、近所の残された建築物は、街の過去の物語を語っています。ここには、16世紀から20世紀初頭に建てられた家があります。これらの家が独特ある理由の1つは、粘土で建てられた他の地域の高層ビルとは異なり、アルバラドは紅海から持ち込まれた珊瑚石灰岩で建てられたということです。これらの構造物を飾る印象的な木工品は、もう1つの印象的な特徴です。 1869年にスエズ運河が開通し、ジェッダはそれに伴って利益を得ました。商人たちは、ドアや窓の周りに細かな網目細工を施し、ラワシーンと呼ばれる装飾的な木製の出窓やバルコニーを彫り、アルバラドの伝統的な建物を飾り始めました。

ナシフ・ハウスからアルアラウィ市場まで、アルバラドにはたくさんの見どころがあります。この歴史的な地区の詳細については、visitsaudi.comをご覧ください。

Sample alternative image text Sample alternative image text

キングアブドゥルアジズ世界文化センター(イスラ)

イスラは、大きい禅の庭に似ています。ノルウェーの建築事務所スノヘッタによって設計されたこの建物は、統一を象徴するように建物が意図的に配置されています。ナレッジタワーとして知られる最も高い建物は18階建てで、サウジアラビアの未来を象徴しています。この建築の1階の部分は現在を表しており、地下の部分は過去を表しています。

複合施設の6つの建物の上で曲げられ、組み立てられた350 km以上のステンレス鋼管で覆われたイスラは、ダーランのスカイラインに印象的な追加となっています。センターは、LEED認定ガイドラインに従っていることに加えて、砂、粘土、砂利など、サウジアラビア周辺で見つかった高度に圧縮された材料が使用されて、イスラが防音と耐火性であることを確保しました。

サウジアラムコから贈られたこの文化的な拠点の中にあるものも印象的です。 「センターはアイデアと夢が形になる場所です」とイスラの元ディレクターであるアリ・アルムタイリは話しました。美術館、展示品、図書館、劇場、コンサートホールを見学してみてください。 イスラの詳細については、visitsaudi.comをご覧ください。

Sample alternative image text Sample alternative image text

マラヤ(アルウラ)

サウジアラビアの砂漠の真ん中には、「鏡」を意味するマラヤがあります。 5,000平方メートルの建物の外側は、9,740平方メートルの鏡で覆われています。これは、アルウラの周囲の砂漠の風景を反映しています。 「アルウラは何千年もの間、文化交流の岐路に立っていました。マラヤにより、私たちは夢の場所、文化やアイデアの共有を促進する場所を再現するというビジョンを実現するための一歩を踏み出しました」とアルウラの王立委員会の最高デスティネーションマーケティング及びマーケティング責任者であるフィリップ・ジョーンズ氏は述べています。

マラヤは、2019年に最大の鏡張りの建物としてギネス世界記録を樹立しましたが、砂漠での印象的なアートインスタレーション以上のものです。コンサート、没入型劇場、インタラクティブな展示会、その他のイベントの文化とエンターテイメントの中心地でもあります。舞台裏には、800平方メートルを超える格納式の窓があり、そこからアルウラの風景が見えます。 2020年8月、マラヤはArchitizer A + Awardsの人気賞を獲得しました。 「人気賞に選ばれるとは何よりも嬉しいです」とジョーンズ氏は言いました。 「訪問者は、マラヤの影響と、マラヤが完璧に周囲に溶け込み、周囲を反映していることに魅了されています。」

この印象的なエンターテインメントと文化センターを見学した後は、visitsaudi.comで歴史豊かなアルウラ地域で他に何を探索できるかをご覧ください。

Sample alternative image text Sample alternative image text

キングアブドラ石油研究調査センター(リヤド)

想像力に富み、超効率的なキングアブドラ石油研究調査センター(KAPSARC)は、サイエンスフィクションの映画で見たものを思い出させるかもしれません。実際、この洗練された太陽光効率の高いLEEDプラチナ認定を取得した構造の中では、多くの科学の研究が行われています。 70,000平方メートルのエネルギーおよび環境研究キャンパスは、エネルギーの最も効率的かつ効果的な使用法を見つけることに専念する非営利団体として機能します。

エネルギーナレッジセンター、エネルギーコンピュータセンター、展示ホールと講堂のある会議センター、研究図書館、礼拝室を含む、キャンパスの5つの建物が設計される際には、持続可能性が最前線にありました。キャンパスの5つの建物はオーペンスペースによって一つに統合しています。 KAPSARCは、Zaha Hadid Architectsの同名の創設者が監督した最後のプロジェクトの1つであり、そのハニカム構造は、彼女が砂漠で観察した自然の要素に触発されました。

建物は6角形のセル的な構造となっています。その構造には実用的な目的があります。建物の外側部分と天井の六角形セルの開口部はアラビアの太陽と砂漠の風からシールドし、日陰の囲まれた中庭を生み出しました。 KAPSARCの内部の戦略的な建築設計(人々が上下の床や共有スペースを見ることができるオフセットフロアプランを特徴とする)は、訪問者と研究者の間の交流やアイデアの共有を促進します。

KAPSARCのホームページでKAPSARCの最新のニュースやイベントがチェックしてください。