タイバット博物館

サウジの豊かな遺産を探索する

ジェッダの観光スポット: タイバット博物館

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

ジェッダには近代アラビアより前から歴史があります。湾岸で最も古い港町の1つであり、聖地メッカへの玄関口として、ジェッダは何世紀にもわたって世界中の人々を歓迎してきました。そして今日、この都市は豊かな文化のるつぼへと発展しました。

 

2,500年の歴史を持ち国際的で魅力的な過去を持つジェッダについて詳しく学ぶには、タイバット博物館を訪れましょう。博物館はアル・ファイサリア地区に位置しています。複数の部屋のあるその複合施設は、昔のジェッダの伝統的な建築を再現したもので、その出窓には複雑な木格子細工と華やかなサンゴが用いられています。

 

複数のフロアにわけて展示を行っており、ジェッダ、サウジアラビア、そしてアラビア半島のより広い範囲の生きた歴史と基盤について詳しく学ぶのに最適です。また、都市の豊かなイスラム教の遺産に関する展示は、まるまる1つのフロアを使っています。

タイバット博物館

イスラムの歴史

1階のギャラリーでは、何世紀にもわたるイスラム教の台頭をたどることができます。イスラム教の五つの原理など、重要な基礎に関するものから始まり、科学、文化、産業へのイスラム教の貢献について学べる展示もあります。

 

ハイライトとして、イスラム教で最も神聖な神殿であるメッカの大モスクの中心部に位置する四角い建物、カアバなど、メッカへの巡礼が複雑なモデル化により再現されています。アラビア語と英語で書かれた説明もあり、預言者ムハンマドの旅を特徴付ける重要な地域について詳細に解説されています。

 

また、同じ階には、素晴らしい芸術品、初期の写本、陶器、古いコインや武器、そして世界中にイスラム教が広がっていることを詳述した地図もあります。

 

 ジェッダの歴史

博物館ではイスラム教以前の歴史について、特にジェッダに関して、はるか昔までさかのぼって展示しています。ジェッダには6世紀に入植地が存在したと考えられています。

 

ここでは、アラビアの地理学者と旅行者の初期の手紙も展示されています。ジェッダは港町としてアラビアの石油貿易の繁栄に貢献し、初期には初期のイスラム教のカリフに利益をもたらしていました。もともとこの地域に居住していた初期の漁師部族の遺物もあります。ジェッダの基盤において重要であった、紅海 (ここでは、ジェッダの基礎について大きく取り上げています) と地域固有の海洋生物に関するセクションも設けられています。

Tayebat Museum:Jeddah Art

サウジアラビアの成り立ち

数百万年前の原始的な生活から、サウジアラビアが川や緑の牧草地でいっぱいだった時代、そして建国者のアブドゥルアズィーズ王による近代王国の形成まで、博物館はあらゆる手法で国の歴史に関する展示を行っています。

 

壁には、彼が権力の座に就き、新しい統一王国を統治したというお話とともに、英国のウィンストン・チャーチル首相や米国のフランクリン・D・ルーズベルト大統領など、外国の要人と撮影した王の写真が飾られています。

 

博物館には、遊牧民ベドウィンの生活、伝統的な衣服 (ヒジャーズの婚礼衣装のセクションを含む)、国の通貨 (硬貨と紙幣) など、サウジアラビア文化に関する展示のセクションもあります。

 

開館時間

Sample alternative image text

タイバット博物館は、毎日午前8時~12時、午後5時~9時まで開いています。休館日は金曜です。博物館の入場料は SAR80 (約2,200円) で、事前の電話予約でグループの館内ガイドを手配できます。(館内ガイドが博物館の展示に関する豊富な知識を駆使して質問にお答えしています。いくつかの言語に対応しています。)混雑を避けつつ、モスク、伝統的な木造住宅、さらには色鮮やかにライトアップされた尖塔など、イスラム建築の美しさを写真に収めるには、夕方がおすすめです。

 

 

ここからジェッダの芸術と建築の詳細をご確認いただけます。

 

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み