The Hejaz Railway

過ぎ去った時代

ヒジャーズ鉄道

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

かつて巨大であったヒジャーズ鉄道は、もともとイスラム教徒の巡礼者がダマスカスから聖地のメッカとメディナまで速く行けるようにするために設計されましたが、開始から20年も経たないうちに廃虚となってしまいました。今日では、サウジアラビア北西部各地で切り離され、砂に覆われたレール、廃駅、錆びた機関車などの太陽に焼かれた残骸を見ることができます。

 

この鉄道は、主にコンスタンティノープルとイスラム教の最も神聖な場所であるサウジアラビアのヒジャーズ地域との路線を確立し、メッカ巡礼(ハッジ)を行う巡礼者の旅を短縮するために作られました。1900年に建設が開始された路線は、1908年までにシリアからメディナまでの1,600 kmに及びましたが、計画されていたメッカへの最終区間の建設は実現しませんでした。

 

第一次世界大戦中、路線の一部はトーマス・エドワード・ロレンスと彼のアラビア人の同盟者によって攻撃されました。そして、プロジェクトの開始から20年も経っていない1918年までに、鉄道は廃虚となってしまいました。その軌道は1920年までに非公式に放棄されました。

 

ヒジャーズ鉄道の遺跡

鉄道の遺跡へ最もアクセスしやすいのは、路線で最大の駅が建設され、その後復元されたメディナとタブークです。機関車と情報センターが加えられたため、訪問者は鉄道の短く感動的な歴史に浸ることができます。

 

エドワード朝時代の旧駅にある博物館へ行き、多くの過ぎ去った時代の遺物、写本、写真を見学しましょう。その一部は鉄道の時代からのものであり、それよりもずっと前からのものもあります。タブークのさらに北側では、他の時代の遺物とともに、復元された機関車や貨車を含め、最も保存状態の良い駅の1つを眺めることができます。

Sample alternative image text

ヒジャーズ鉄道の駅

 

より刺激的な体験をするには、スポーツ用多目的車と地図が必要です。メディナ - アル・ウラー道路を降りて北西に1時間車で行くと、アル・ブウアイル(Al Buwayr)駅があります。ここでは、ほぼ完成した列車といくつかの客車、そして崩れかけた駅と、兵士たちが線路を守るために使用していたであろうと思われる砦の残骸を見学できます。このエリアは柵で囲まれていますが、その遺跡は今でもはっきりと見ることが可能です。

最後に、フライミル(Huraymil)の遺跡も見逃さないでください。町の郊外に到着したら、山々を通る道路を約4 km進みます。ここには、さらなる駅と砦の遺跡、そして砂の中で横倒しになっている巨大な機関車の錆びた残骸があります。

Sample alternative image text