Al Rahma mosque

落ち着いた美

ジェッダの有名な水上モスクを訪問する

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

アル・ラーマ・モスクはジェッダのウォーターフロントの北端に位置しています。紅海の上に建てられたターコイズ色のドームのある構造物で、低い壁の通路により海岸とつながっています。

 

この地元のランドマークは白い支柱で水面の上に建てられた高床式の構造物で、「水上モスク」と愛情を込めて呼ばれています。満潮時には、日光に照らされてモスクは波の上に穏やかに浮かんでいるように見えます。

 

訪問者はモスクの野外の中庭を散策して優雅な大理石に感嘆し、近くの浅瀬で船をこぐことができます。ジェッダは長年にわたり聖地メッカとメディナへの玄関口としてハッジの巡礼者とウムラの巡礼者の間で特に人気がありました。そして観光客にも人気の都市です。

Sample alternative image text

信じられないほど素晴らしい建築術

アル・ラーマ・モスクは1985年に古典的なイスラムのデザインと現代的な建築様式を融合させて建設され、白く輝く尖塔とアクアマリンのドーム型の屋根があります。

 

内部も同様に印象的で、中央のアーチ形天井を支える8本の柱があり、そこから複雑なシャンデリアが吊り下げられています。屋根には輪の形をした美しいステンドグラスがはめ込まれており、太陽が空に高く昇ると下のホールに金色の光が降り注ぎます。1階のアーチ形の窓からは海のパノラマの景色を望め、紅海に浮かぶモスクのような雰囲気を楽しめます。

 

最新の展示技術(音声、照明、エアコンシステムなど)により、壁に古いものと新しいものの両方のイスラム美術を展示しています。デジタル表示装置が訪問者にその日の祈りの時間をお知らせします。屋外の中庭を散歩して、穏やかな海風、海岸の景色、海岸に打ち寄せる波の音をお楽しみください。

Sample alternative image text

訪問に適した日時

アル・ラーマ・モスクには自由に入場でき、24時間オープンしていますが、観光客はモスクが最も混雑する可能性の高い祈りの時間(5回)に注意する必要があります。訪問者には常にモスクの神聖さを尊重することが求められています。

 

男性の祈りはメインの礼拝所で行われ、女性はメインの次の間の上に位置する木造ムサッラー(礼拝所)で祈ります。清めの施設とトイレは敷地内にあります。

 

近くに限定の駐車場があります。モスクは祈りの時間の間が最も静かですが、最高に美しい景色を楽しみたい場合は夜明けと日没の時間帯が最適です。

 

 

近くの観光スポット

コーニッシュの夕方のピクニックはジェッダで家族連れの方に人気があり、楽しい雰囲気を醸し出しています。モスクの北の海岸エリアは、南側のモダンなウォーターフロントよりも閑静な傾向があり、釣り、凧揚げ、海での水遊びの人気スポットとなっています。

 

また、このエリアにはカフェ、レストラン、シーシャ・バーが多数あり、モスクから北へ徒歩5分の場所には湖を囲んで様々な家族向けレストランが集まっています。

 

夜、夕日が紅海に沈んでゆくとき、モスクが短時間暗闇に包まれた後、スポットライトで尖塔が夜の穏やかな輝きを放ち始めるのをウォーターフロントから眺めることができます。