Fakieh Aquarium

海の驚異

ファキーフ・アクエリアムを探索する

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

ジェッダのノース・コーニッシュのアル・クルナイシュ・ロードを降りたところにあるファキーフ・アクエリアムは、サウジアラビアではこのタイプで初めての水族館であり、紅海のすぐそばに位置しています。

 

水族館の広大なトンネルと巨大な水槽には200種以上の海洋生物が飼育されており、その約85%はジェッダの手付かずのサンゴ礁に生息する生物です。スキューバダイビングにわざわざ出かけることなく、紅海の上のカラフルな窓からこの地域の活気ある水中生態系を観察できます。

 

大洞窟のような壁に囲まれた水族館を瞑想的なサウンドトラックを聴きながら歩き回って、地球上の他の場所には存在しない800の紅海の不思議な生物を間近で眺めることができます。

 

水族館全体を通して、英語とアラビア語の両方で詳細な情報が提供されています。訪問者はどのようにして紅海という名前が付けられたのかを知ることができ(ヒント:藻類の開花と関係がある)、すべてがメスとして生まれ、その後成熟すると一部がオスになる眼鏡黐之魚のような魚について学ぶことが可能です。外科用メスのような鋭いひれにちなんで名付けられた紅海固有種、ソハールサージョン・フィッシュもいます。

 

属名がカシオペアのサカサクラゲのほか、訪問者が近づくと砂の中で上下に動くという遊び心のある細長いガーデンイールなど、より風変わりな生物も探してください。

 

外海ではなく水槽で見る方が安心な魚もいます。船尾のように見えるオニダルマオコゼは、世界で最も有毒な魚とみなされ、成人男性を5分以内に殺すのに十分な毒を持っています。

 

知識豊富なスタッフが、巨大なカメなど、一部の絶滅危機種の海洋生物が怪我や病気のために救助されたことについて解説しています。完全に回復できたものはその後自然の生息地に返されます。

Fakieh aquarium

ファキーフ・アクエリアムのサメとペンギン

水族館ではサメとペンギンがたいへんな人気です。没入型のアクリルのトンネルを歩くと、深い青色の水の中に巨大なサカタザメ、トラフザメ、タマカイのほか、浮力を維持するために空気を飲み込んで貯めることで知られている唯一のサメ、シロワニなどに囲まれて、海中の世界に浸ることができます。

 

また、アラビア湾、カーボベルデ、モルディブ、日本、オーストラリアからの海洋生物(魅惑的な緑のシードラゴンなど)、ペルーからの魅力的なフンボルトペンギン4匹のほか、紫、緑、青の色合いでライトアップされ、波のように泳ぐクラゲも飼育されています。

 

水族館は平日の午前10時、金曜の午後1時半、土曜の午後1時から営業を開始し、午後11時まで開館しています。チケットは55リヤル(14.66米ドル)で、2歳未満の方は無料です。

 

礼拝室は2階に位置しており、ギフトショップ、ファーストフードを提供するカフェもあります。にんまりした顔のサメの写真をすぐに共有したい場合は、無料のWi-Fiを利用可能です。

Sample alternative image text

近くの観光スポット

水族館を歩き回ってお腹が空いたら、近くにある多くの飲食店を利用できます。ブルー・オーシャン・レストランは徒歩10分で、広大な紅海の景色も楽しめます。

 

ファキーフ・アクエリアムの近くには、ファキーフ・プラネタリウム、活気あるアル・シャラル・テーマパーク、人気のジェッダ・ビーチなど、家族向けのエンターテインメントスポットがあります。

 

水族館の開館時間に関する最新情報については、fakiehaquarium.comをご覧ください。