新しい視点で見るジェッダの観光案内 新しい視点で見るジェッダの観光案内

地元の人の視点から

新しい視点で見るジェッダの観光案内

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

26歳の新米エンジニア、アフマド・アル・ハンボリ氏は、人が一生かけて経験するよりも多くの仕事をこなしてきました。多くの聡明で才能のある若者たちと同様に、アル・ハンボリ氏も政府の奨学金を得て、海外の大学に進学しました。(パンデミック前の外務省の発表によると、政府の奨学金を受けて、留学するサウジアラビア人は約9万人です。) アル・ハンボリが日本の東海大学を選びました。それは、その大学の工学プログラムで、「壮大な」日本に滞在する機会を得るためです。

 

しかし、日本の大学を卒業するために、工学だけではなく、日本語も勉強しなければなりません。大学のクラスは全て日本語で行われているからです。アル・ハンボリ氏は早く日本語に慣れました。そして、数年後、彼のサウジアラビア人のクラスメートは、アラビア語話者向けの日本語を学ぶ教科書(日本語をマスターできるため)を出版することを提案し始めた。その次、初級者向けの教科書も出版しました。。

 

アル・ハンボリ氏は、2冊目の教科書の成功に励まされて、自分の作品を駐日サウジアラビア大使に紹介することにしました。“大使の感想を聞きたかっだけです。”とアル・ハンボリ氏は言います。翌日、大使館に招待されたアルハ・ンボリ氏は、大使と面会しました。大使は、日本語でサウジの観光ガイドを作ることを提案しました。一冊目は?ジェッダです。最近、アル・ハンボリ氏に、ジェッダでの執筆経験や今後の計画、そしてジェッダとその周辺でのお勧めの観光スポットについてお話を伺いました。

東京のアラブイスラーム学院の博物館―アフマド・アル・ハンボリ氏。 東京のアラブイスラーム学院の博物館―アフマド・アル・ハンボリ氏。

東京のアラブイスラーム学院の博物館―アフマド・アル・ハンボリ氏。

ジェッダの観光ガイドブックについて教えて頂けませんか?

 

35日間で44の観光スポットについて書きました。それぞれのスポットについては、短い紹介で始まり、それから写真、営業時間の情報、そして可能な場合はInstagramのアドレスも付けました。そして、それぞれのスポットにはQRコードがあり、それを読み取ることでGoogleマップ上にその場所の画像が表示されます。

 

どうやってそのジェッダでの観光スポットを選びましたか?

 

友達にアンケートをしました。彼ら私より良く出かけますから。選んだのはMedd Café & Roasteryのような良くて、人気がある多くのカフェ、サウジ料理のレストラン、ダイビング会社やショッピングモールなどのミックスです。ガイドブックに提案したスポットは三つに分けました。1番目は、歴史的なジェッダのアルバラード地区、2番目はジッダ・コーニッシュ、3番目はアブドラ国王経済都市です(KAEC).

 

ホスピタリティ(あるいは出版)の背景を持たない工学部の学生はどのようにしてこれを実現したのでしょうか?

 

どんなプロジェクトでも、チームが必要です。私のデザイナーである友人のNaif Al Talhiをはじめ、素晴らしいチームを結成しました。とても時間のかかる作業でした。勉強に加えて、ガイドブックの作成は1日に6〜7時間ほどかかりました。

 

ガイドブックの値段はいくらですか?

 

無料にしたかったです。私の人生の目的は、お金ではなく、意味のあるものを作ることですから。

 

そのために、ジェッダのガイドブックをここにアップロードして、簡単にアクセスできるようにしました。

.

ジェッダのアルバラード地区を楽しむ女性たち ジェッダのアルバラード地区を楽しむ女性たち

サウジアラビアでのお気に入りのものをいくつか教えていただけませんか。

 

ジェッダのアルバラード歴史地区は絶対にお勧めです。 (スーク(市場)に行ってみてください)。お勧めのレストランがあるとすれば、それは「Al Saddah」でしょう。また、アルバラードの近くにあるTayebat 博物館もとても面白い所です。コーニッシュも大好きです。数え切れないほど多くのスポットがあるので、様々な体験ができます。また、自然が好きな方には、ジェッダの郊外にAlUlaやUmlujという観光スポットもあります。

 

最後に、サウジの魅力とは何だと思いますか?

 

こちらで他国と全く違う体験を提供します。他国の人々に説明しにくいほど古い文化に触れることができます。そちらはNeom and the Red Sea のような事業についても聞いたことがあると思います。それは、間違いなく競争力のある観光スポットになりますが、すでに、こちらで提供する体験はユニークです。

こちらは自然の美しさで溢れています。観光客はそれを感じ、触れなければなりません。そしてもちろん、現地の人のおもてなしの心も大きな特徴です。サウジアラビア人はとてもフレンドリーですから、美術館や博物館はもちろんですが、喫茶店で人々と喋ってみることも忘れないでくださいね!