サウジアラビアへの女性渡航者 サウジアラビアへの女性渡航者

サウジアラビアに来るときの注意点

サウジアラビアへの女性渡航者

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

 

サウジアラビアは、3,500万人を超える人々のアイデンティティを形成する豊かな文化と社会の多様性を持っています。この新しい目的地でユニークな体験をするためには、到着前に十分な準備をし、地域によって異なる文化や習慣を知っておくことが必要です。

サウジアラビアへの女性渡航者 サウジアラビアへの女性渡航者

安全性
 

サウジアラビアは、世界で最も安全な国のリストでG20諸国の中で1位にランクされており、サウジアラビアではさまざまな国籍の女性が一人で旅行や生活ができ、その移動には誰の許可も、どこにいるのかを説明する声明も必要なく、夜遅くまで女性や男性が一人で歩いているのを見るのはサウジアラビアでは普通のことなのだそうです。集団でいる必要はなく、誰もがプライベートで動き回り、一日中さまざまなアクティビティに参加することができます.

サウジアラビアへの女性渡航者 サウジアラビアへの女性渡航者

サウジアラビアの女性たち
 

サウジアラビアの女性は、常に社会の文化を形成し、その豊かな遺産を守るために不可欠な存在です。現在では、科学と実践の分野で国際的に高度な地位を占めています。サウジアラビアの女性は全大学生の51.8%を占め、差別のない労働に対する平等な給与で雇用と訓練の機会を享受し、さらに男性よりもどの分野も独占せずにすべての職業の行使などいくつかの商業的権利を有しています。

サウジアラビアのアートシーンに女性の存在がないわけではなく、ファッション、料理、音楽、映画などの分野では、サウジアラビアの女性が芸術表現に秀で、クリエイティブな分野で国際的な賞を獲得しています。サウジアラビアの女性には、公序良俗に反しない身なりで公の場に出る権利がありますが、多くのサウジアラビア女性が黒いコートを着て様々な分野で日常業務を行う姿が普通に見られます。これは、彼女たちが文化的アイデンティティの一部と考え、宗教や社会の信念を表現するための手段であると考えられています。

サウジアラビアへの女性渡航者 サウジアラビアへの女性渡航者

サウジアラビアのコミュニティエチケット
 

サウジアラビアの人々は、おもてなしの心、勇気、相互の社会的関係といった、本物の文化を維持するための重要な社会的価値観を持っています。公共の場の住人が観光客を歓迎し受け入れるために食事代を払うのは当然のことで、中には賞賛の意を込めて持っている品物を遠慮なくプレゼントする人もいる。サウジアラビアを訪れた人は、旅行中に現地の友人をたくさん作るはずで、住民はどこでも自己紹介をして横の会話から入るのが普通で、握手を求めてきた人には握手をするのが普通である。

サウジアラビアの文化では、チップは愛想良く、提供されたサービスが前払いであれば現地の習慣では必要なく、サウジアラビア人は非公式な場では非常に柔軟なスケジュールに従います。夕食の提供時間が遅く、住民が夕食を食べるのは夜9時頃が一般的で、多くのレストランは夜中の2時まで営業しています。

サウジアラビアへの女性渡航者 サウジアラビアへの女性渡航者

ドレス
 

サウジアラビアでは服装の選択肢が多く、公共の場に出入りする人に適用される公序良俗の規定に従えば、男女を問わずあらゆる色の服を着ることができる。サウジアラビアでは、女性は法的にアバヤを着用する必要はなく、共同体文化に不快感を与える、あるいは卑猥な表現をしなければ、ゆったりした服や体を覆うものを着用することができます。サウジアラビアは砂漠のような暑い国ではないので、冬に訪れる場合は秋服や傘を持参するとよいでしょう。