リヤドのスーク
サウジのショッピング:お土産

おすすめのお土産

サウジのお土産ベスト5

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

旅の楽しみの1つは、思い出になるものを家に持ち帰ること、またはそれを人にあげることです。ここでは「サウジ」ならではのお土産を5つご紹介します。ショッピングの注意事項:ほとんどのお店が30分ほど閉まる礼拝の時間を必ず確認してください。ショッピングは1日中楽しめますが、静かな時間帯に買い物をしたいなら午前中に出かけましょう。賑やかな雰囲気を楽しみたい方は、午後がおすすめです。

デーツ

デーツ

デーツはサウジアラビアに豊富にあるだけでなく、この国の人々の生活において重要な位置を占めています。アラビア湾の食を専門としている料理本の著者フェリシア・キャンベル氏は、「デーツはハファワ(おもてなし)の文化に欠かせないものです」と話します。
実際、家庭やオフィスでは、来客の際によくデーツが出されます。アジュワ(Ajwa)デーツは、外は乾燥していても中は柔らかく、とても甘いユニークなデーツです。世界で最も広く流通しているデーツの1つで、宗教的な意味合いから最も高価なものの1つでもあります。(イスラム教徒がアジュワ・デーツを食べるのは、癒しの効果があると考えられているためです。)アジュワ・デーツはメディナで栽培されていますが、王国のいたるところで見ることができます。

 

サウジのデーツの歴史をさらに詳しく学ぶ 。

ウードの香水、香油、木片

ウードの香水、香油、木片

王国を訪れたことがある人なら、ウードの香りを嗅いだことになります。ウードは沈香の木の心材から取り出され、その樹脂を蒸留してオイルにしたり、香水にブレンドしたり、お香として焚いたりすることができます。デーツと同様に、ウードを使用した製品はサウジアラビアのおもてなしの象徴です。イードの時期に来客がある場合は、家の中でウードの木を燃やすことがあります(この習慣はブコールと呼ばれています)。または、ウードのオイルや香水をギフトとして贈ります。ハッジの期間中にメッカとメディナを訪れる巡礼者も、グレートモスクで燃やされるウードの香りを嗅ぐことができます。モスクの近くでは、お土産としてウードの木片の小さな包みが売られています。ウードの香りは、それをつけている人と同様に、木の生産地や栽培方法によってかなり異なります。しかし、一般的には暖かみのあるウッディまたはスモーキーな良い香りとされています。ウードは種類によってはかなり高価になりますが、香りがとても強く、少量でも長持ちします。

 

ウードの全てを学ぶ 。

リヤドのスーク・アル・ツマイリ
リヤドのスーク・アル・ツマイリ

絨毯

リヤドのディラー・スークや旧市街のスーク・アル・ザルをはじめとする多くのスークの路地には、幾何学模様のカラフルな絨毯が並んでいます。スークで売られている絨毯の品質はばらつきがあるため、最初に目に留まったものを購入するよりも、いくつかを比べてみてください。スークの絨毯のほとんどはサウジアラビア製ですが、アフガニスタンやカシミールからの輸入品もあり、ベテランの店主が生産地について教えてくれるはずです。サウジアラビアの絨毯は一般的にウール製ですが、他の国の絨毯はシルクまたはシルクとウールの混紡のものがあります。価格は600リヤル(SAR、約160米ドル)前後からで、品質やサイズによって高くなります。スーツケースに絨毯を1枚入れることが難しい場合は、代わりに絨毯コースターの購入をお勧めします。

香辛料

香辛料

サウジは味わい豊かな料理で知られています。街のあちこちにスパイスを扱う店がありますが、スーパーでも質の良いスパイスを売っています。サウジのカブサ用スパイスを見つけてください。サウジアラビアの国民食とされるカブサはスパイスをふんだんに使用(ただし辛すぎない)した米料理で、ローストした鶏肉、肉、魚などが乗っています。

Two women sitting on a couch

サウジとの長く続く友情

サウジの人々はとてもフレンドリーです。恥ずかしがらずに、ほほ笑んだり知らない人と話をしてみたりしてください。家に呼ばれたり、ご馳走に招かれるかも知れません。インディアナ州のノートルダム大学でイスラム思想とイスラム社会を教えるエブラヒム・ムーサ教授は、こう話しています。生涯の友人を得ることになるかもしれません。

 

サウジでもっとユニークなギフトをお探しですか?リヤドで人気のコンセプトストアをチェック。

—Didi Gluck

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み

デバイス機器を傾け回転させてください。
現在のウィンドウは小さすぎてこのシートを正しく表示できません。サイズを変更してください。