サウジの野生生物

サウジの動物たち

サウジの野生生物の18の事実

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

世界で最も足が速い犬の1種、古代エジプトの墓に描かれた野生の猫、13分で113リットルの水を飲めるラクダなど、サウジアラビアには膨大な種類の野生生物が生息しています。また、アラビアにある82,700km2の土地は野生生物たちのために保護されています。サウジの野生生物についての概要はこちらをご覧ください。下の画像をスクロールすると、アラビア半島に固有の動物について詳しく知ることができます。

  • スナネコ - サウジの野生生物

    スナネコ

    砂漠のみで暮らす唯一のネコのスナネコは、愛らしい見た目ですが、獰猛で肉食です。主にサウジアラビアの西部に生息しています。スナネコの足の周りを覆う厚い被毛は、高温や低温の地面から保護するだけでなく、沈んだり、足跡を残すことなく砂の上で跳ねたり襲い掛かったりすることができます。

  • アラビアオリックス - サウジの野生生物

    アラビアオリックス

    この地域の砂漠で暮らす哺乳類の中で最大級のアラビアオリックスは、68cmにもなることがある長い角、皮膚から太陽光を反射させる真っ白な毛が特徴です。アラビアオリックスは絶滅の危機にありましたが、サウジアラビアの保護努力のおかげで、ファラサン諸島などでは何頭かが野生に戻ることに成功しています。

  • カラカル - サウジの野生生物

    カラカル

    耳の細長い黒い房が特徴のカラカルは、サウジアラビアの西部、特にサウダ山とライダーの保護区に生息しています。古代エジプトの墓からカラカルをモチーフにした絵画や彫刻が発見されていることから、この種の野生の猫はかなり昔からこの地域に生息していると考えられています。
  • アラビアオオカミ - サウジの野生生物

    アラビアオオカミ

    アラビアオオカミは、普通のオオカミの種とは異なり、群れではなく、単独または2匹で狩りをする傾向にあります。そのため、この哺乳類を一匹狼と呼ぶ人がいるかもしれません。この小柄な灰色オオカミの亜種は、融合した足が特徴で、体長は約150cmになることもあります。アラビアオオカミは基本的に夜行性で、ナジュド地方やタブークの高地砂漠で目にすることができます。

  • マントヒヒ - サウジの野生生物

    マントヒヒ

    マントヒヒは、アラビアオオカミとは異なり、時に数百頭の単位で移動します。アスィールの山岳地帯、およびターイフとアブハーの街の近郊で見られるこの動物は高い知能を持ち、アラビア半島西部の人々の間で神聖な動物と考えられていました。成熟したオスのヒヒは、メスのおよそ倍の大きさで、長い銀色の毛とピンク色の顔が特徴のため簡単に見分けることができます。
  • エチオピアハリネズミ - サウジの野生生物

    エチオピアハリネズミ

    ハリネズミの中で最も小さな種のエチオピアハリネズミは、鼻と口の周りは色が濃く、顔の上部に棘のない薄い色の帯があります。サウジアラビアや中東、アフリカの一部の砂漠の低木の地帯に生息する夜行性動物で、夜に餌を探し、昼間は暑さを逃れるため巣穴で過ごしています。手のひらに乗るほど小さいながら、走る速度が時速19kmにも達することがあります。

詳しく見る

アラビアの伝統的なタカ狩り訓練の歴史について読み、サウジの野生生物について詳しく学びましょう。

—Lisa Zimmermann は紀行作家兼編集者で、過去にクラブトラベラー、ボストン(雑誌)、ニューイングランド・トラベル、アメリカン航空、アトラスマガジンなどに寄稿しています。

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み

デバイス機器を傾け回転させてください。
現在のウィンドウは小さすぎてこのシートを正しく表示できません。サイズを変更してください。