アブハー、伝統料理、サウジアラビア南部の料理

アブハーの伝統的な味わい

アスィールの伝統料理

世代を超えて受け継がれてきた料理

ハニース

アブハーの食卓の王様であるハニースは、その旨味と独特の調理法により、王国各地の人気料理となりました。作り方:この料理のために特別に掘ったムナナートと呼ばれる穴に、マトンを入れて調理します。穴の底には炭を敷き詰め、その上にマラクと呼ばれる特別な木の葉を置いておきます。この上に肉を乗せて布をかけ、穴の部分をしっかりと覆い、2~3時間ゆっくり煮込みます。炊いた米と一緒に出され、好みでナッツを飾ることもできます。

アリカとアスィーダ

アスィールの冬の代表的な伝統料理に、アリカとアスィーダがあります。 アリカはいつでも食べられるシンプルな軽食ですが、朝食として人気があります。アリカはフライパンで焼いた小麦粉と水の柔らかい生地から作られます。 円盤状の生地をボウルに入れ、大きなスプーンでかき混ぜながら細かくします。これを皿に盛り付け、中央に穴を開けてギーと蜂蜜を入れ、デーツを飾ります。アスィーダの作り方:小麦粉と水を絶えずかき混ぜながら鍋で煮て、柔らかい生地になったらギー、蜂蜜、またはスープと肉を添えて出されます。

アルツァビー

アルツァビーは、結婚式や特別な席で出される料理です。小麦粉に牛乳またはヨーグルトを加えたものを火であぶり、中に小さな球状の生地を入れます。中央にバターを乗せて出されます。

シャドクとライラ

あまり話題に上らない料理ですが、その栄養価と旨味からアスィールの食卓では重要な存在です。地元で栽培されている野菜のアル・シャドクとライラ(アマランスとスベリヒユ)を煮込んだシチューのような料理で、パンを添えて出されます。これより有名なモロキアに似た料理です。

メファ(パン)

メファは、アスィール料理に欠かせない主食です。長時間発酵させたパン生地を四角く成形し、専用のオーブンで焼き上げます。

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み

デバイス機器を傾け回転させてください。
現在のウィンドウは小さすぎてこのシートを正しく表示できません。サイズを変更してください。