アブハーの伝統的な味わい アブハーの伝統的な味わい

目の前で楽しいライブ調理

アブハーの伝統的な味わい

 

お口に合う味をアブハーの伝統的な料理で探しましょう。アブハーの伝統的な料理の調理は生き生きとした視覚的な演出です。アブハーの料理は長い歴史のアシール州と深く結びついております。アシール州はサウジアラビアの最も伝統的な食文化を保護している地域の一つであり、IGCAT (美食、文化、芸術、観光の国際研究所)によって 2024 年に「世界の美食の地域」の称号を授与されます。

アブハーで人気のある料理の材料は、平野や山およびそれらで利用可能な食料資源との人間関係を具現化したものです。その中で最も重要なのは、あらゆる種類の蜂蜜、コーヒー、子羊、山羊です。また、この地域で 10 種類以上の人気のある料理に使用される全粒小麦粉(アルバル小麦粉)が最も主力である材料です。アブハーで最も有名な人気のある料理は次のとおりです。

ハニーズ

 

ハニーズは、アルアシール州で最も有名な料理の 1 つです。ハニーズは、多くの場合、屋外の鉄鍋またはマフナズと呼ばれる砂場で調理されます。その中で薪に火をつけ、火力が高温になると、アルマルクの木の葉と肉をその中に入れ、そしてアルマルクの木の葉、一枚の布そして蓋という順で肉をしっかり覆います。出来上がりまでは2~3時間がかかり、完成したら、ご飯を添えます。アブハーの多くのレストランでは、ハニーズを伝統的方法で調理されており、タラル・マッダフ劇場の近くにあるハニーズ・アリ ラムジー・レストランで試すことができます。

アシーダとアリーカ

 

アシーダとは全粒小麦粉を調理し、お好みに応じてスパイスを加える料理です。ストックとミルクと盛り付けて完成できます。アシーダは3本の指で食べます。シンプルな料理とはいえ、作るのには大変な手間がかかります。一方、アリーカはもっとシンプルな料理です。焼きたての液体生地で、真ん中にギーと蜂蜜を流し込み、デーツを飾るとできあがります。

タサビー

 

タサビーは、伝統的な行事や儀式でよく食べられます。牛乳と水に小麦粉を加えて火にかけ、火が通るまで煮て、真ん中にラディーファ(石焼きギー)をのせた料理です。

マシュグーサ

 

マシュグーサは冬に作られる最も人気のある料理の 1 つです。小麦粉と牛乳を濃厚になるまで調理し、ラディーファー(石焼きギー)、蜜蝋、と好みに応じて生地の小片であるアルカルトを追加します。

ミファ・パン

 

ミファ・パンはほとんどのアシール州料理の主食となっています 。発酵後、タンドールオーブンで長時間焼き、楕円形に広げます。アルハブザー・アルジャヌーベッヤやハミールなど、いくつかのサウジのパンに似ています。