バーハの郷土料理

バーハの伝統料理

ホスピタリティと気前の良さ

バーハの人々は、アラブ人ならではの気前の良さで知られており、ご馳走の食卓にもそれを見ることができます。ご馳走はこの地域が誇りとするもので、各料理の調理法や盛り付けにも反映されています。

サラット、ティハマ、バディアなど多様な文化があるバーハの地域は、数々の定番料理で知られています。都市部では現代的な料理や各国料理が食べられるようになったにもかかわらず、バーハの伝統料理は今でも若者に人気があります。

バーハの文化では、約束をせずに家族を訪れるのが普通です。多くの家庭がその影響を受けたため、バーハの人たちは常におもてなしをする用意ができています。そのため、気前の良さとおもてなしの心を表現しながらも、素早く作れるシンプルな料理のレシピが開発されてきました。家庭では、お菓子、フルーツ、デーツなどの盛り合わせの他に、地元風のカナッペ、コーヒー、ミントティーなどで迎えてくれることでしょう。

バーハを訪れた際に出会える主な料理をご紹介します:

ダガビーズ

ガミド地方やザハラン地方を中心に、南部を代表する有名な料理の1つとされています。ダガビーズは体にエネルギーをもたらすボリュームのある料理で、冬場によく食べられます。薄い円盤状の生地を肉や鶏のスープで煮込んだもので、好みで野菜を加えることもできます。

アスィーダ

王国のほぼ全域とアラブ諸国でポピュラーなお粥に似た料理で、南部の食卓におけるメインディッシュとしての地位を維持しています。アスィーダはトウモロコシ粉や小麦粉で作られ、スープ、肉と共に出されます。鍋に牛乳または水を入れ、粉を少しずつ加えながら温め、アル・ムスワットと呼ばれる木製のスプーンでかき混ぜます。この工程はアル・アサドと呼ばれており、そこからアスィーダという名前が付けられました。

マグナ(パン)

この地域の人々が誇るパンの一種で、気前の良さを象徴する大きなサイズが特徴です。大きさによっては、焼くのに5時間もかかるものがあります。マグナの作り方:水で練った小麦粉の生地をマサラ(またはアルマラ)と呼ばれる熱い岩の上に置き、タバグ(Tabag)またはシャス(Shath)と呼ばれる地元の植物の枝で覆います。岩の上にそのまま置いて焼き、出来上がったらハチミツとギーを添えて出されます。

ファッテ

この地域で良く食べられている軽食の1つのファッテは、パンを細かく刻み、牛乳、デーツ、蜂蜜、ギーなどと混ぜて作られます。

アルクート

バーハ州では、美味しく健康にも良いアルクートを作らない家庭はほとんどありません。アルクートはシチューのような料理で、クレスをディル、チャード、ホウレンソウ、パセリ、フェンネルなど地元のハーブと一緒に煮込んで作られます。具材が柔らかくなったら、コーンフラワーで作った生地を入れ、弱火で30分ほど煮込みます。

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み

デバイス機器を傾け回転させてください。
現在のウィンドウは小さすぎてこのシートを正しく表示できません。サイズを変更してください。