ジーザーンの伝統料理

サウジの南部のご馳走

ジーザーンの味

ジーザーンの豊かな料理は、その多様な地理的条件に起因しています。広々とした耕地、温暖な気候、変化に富む地形のおかげで、農業の中心地として野菜やトロピカルフルーツが豊富に収穫されています。また、この街は海に面しているため、たくさんのシーフードもあります。毎年春先にはお祭りが催され、地元の漁師たちがすぐそばの紅海で獲れるパロットフィッシュのトロール漁に出かけます。また、狩猟や養蜂業も、ジーザーンのボリュームのある南部料理を特徴づけています。

いくつかの料理には、調理に使われる石や粘土の鍋にちなんだ名前が付けられています。かつて、調理器具は女性の家長たちによって一からから作られていましたが、今日では、全国の様々な職人の市場で購入できます。例えばマグシュは、ジャガイモ、オクラ、トマト、ズッキーニなどの野菜を入れたビーフシチュー風の代表的な料理です。マグシュはまた、この料理の調理に使われる韓国のドルソに似た石鍋の名前でもあります。ジーザーンの家庭では、ほとんどの魅力的な料理を作るのに、ミファと呼ばれる特別なタンヌールオーブンが使われます。

メイン料理の前に、代々受け継がれてきた美味しい前菜をいくつかご紹介します:

  • サマク・ムカシャン:ハムールと呼ばれる魚と野菜をスパイスで味付け、燃えさしの上で焼いたものです。
  • マシューシュ:イード・アル・アドハーの期間に主に食されるこの料理は、フライパンで焼き揚げたラムのカツレツを、シナモンと塩で味付けたものです。
  • マファレット(サリード):マファレットには甘味と酸味の2種類があります。甘いものはキビまたはトウモロコシのペースト、新鮮な牛乳、ギー、砂糖から作られます。酸味のものは、同じ生地を発酵させて作られます。

 

カミールとラフーフは、ジーザーンの定番です。どちらも酸味のあるパンの一種で、全粒粉またはトウモロコシの粉を数日発酵させ、独特のピリッとした味に仕上げています。ラフーフはカミールに比べて薄く、クレープに似ています。オーブンから出したばかりの焼き立てを、シチューやヨーグルトに入れたり、バターやギー、ハチミツをかけて食べるのが一般的です。

食事の締めくくりには、マルサと呼ばれるジーザーンで最も有名なデザートはいかが?パンと厚く切ったバナナを混ぜ合わせ、ハチミツとギーをトッピングしたボリュームのある一皿です。南部のアラビアコーヒー、ガーワ・ギシュルは、コーヒー豆の殻をカルダモンとジンジャーと一緒に煎じたもので、ご馳走の締めくくりにぴったりです。

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み

デバイス機器を傾け回転させてください。
現在のウィンドウは小さすぎてこのシートを正しく表示できません。サイズを変更してください。