1杯のコーヒー

スタイリッシュなスポットで午後を過ごす

リヤドのお気に入りのカフェ

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

カフェ文化は世界中のアラビア人コミュニティに浸透しており、リヤドも例外ではありません。しかし、サウジアラビアのコーヒーハウスと言えば、数人の年配の男性がカフワ(サウジアラビアの伝統的なコーヒー)のポットの周りに座って暇つぶしをしているという時代は過ぎ去りました。

リヤドには、今日、王国で最もお洒落なカフェが数軒あります。髭を生やしたバリスタが独自の伝記を必要とするほど奥深いグルメコーヒーを提供し、王様にふさわしいブランチがインスタグラム用の写真にぴったりの盛り付けで出てきます。

リヤドのカフェシーンへようこそ。ここでは、首都のベスト6を紹介します。

"ファイブ・エレファンツ

 

キング・アブドゥル・アジズ通りにあるこのコーヒー好きのための店は、白と黒の壁画が特徴的で、ブランチ料理も充実しています。甘いものがお好みなら、ふわふわのアメリカンスタイルのパンケーキも見逃せません。クールでインダストリアルな外観と親しい雰囲気、そしてリヤドでトップクラスのカフェテリアに匹敵するコーヒーが味わえます。ファイブ・エレファンツは、私たちが何度も足を運びたくなるようなブティックカフェなのです。

タオビストロ

 

リヤドのノジュード・モールにあるタオビストロは、地中海のメッゼスタイルの食事が楽しめるおしゃれなレストランです。焼きハルーミ、フムス、オリーブ、シャクシュカ、ふわふわのファラフェルなど、一口サイズのおいしい料理が、インドのターリに似たトレイにブリキの小皿に盛られ、焼きたてのパンと一緒に提供されるのです。タオのインテリアは、フランスとルイ、そして日本からインスピレーションを受けたもので、テーブルの上には桜の花が吊り下げられています。いずれにせよ、ゆったりとした音楽と静かな会話が、このカフェの魅力的な雰囲気です。

リッツカールトン

 

リヤドでの最も豪華なホテルの一つであるリッツカールトンには、街での最もエレガントで洗練されたカフェがあり、首都の西側まで足を延ばす価値があります。この価格なら、特別なおもてなしを受けることができるのは間違いないだろう。ここで提供されるグルメコーヒーは、サウジアラビアの有数の焙煎所から仕入れられ、提供される前にほぼ丸一日かけて「コールドドリップ」されるものです。ヨーロッパのロマンチシズム、日本の粋、控えめなエレガンスを感じさせる6つの豪華で威厳のある空間のいずれかに座り、国内有数のシェフが作る美味しく洗練されたメニューに舌鼓を打つことができます。

ホワイトガーデンカフェ

 

シティーセンターに近いこの小さなカフェは、人工フェイク花木とエレガントでシャビーシックな家具が爽やかな雰囲気を提供しています。メニューの軽さ、特に大きなサラダと、タコス・シャワルマやアボカド・フムスなどのクリエイティブなメニューは、ランチタイムに最適です。

エリクサー・ブン

 

首都圏初のコーヒー専門店の一つであるエリクサーは、コーヒーに風変わりで創造的なことをするのが好きな情熱的なバリスタたちによって運営されています。豆は店内で焙煎し、内装は予想通り、シャープで直線的な角度を多用したシンプルなデザインです。しかし、エリクサーはカフェインだけでなく、私たちのお気に入りのデザートスポットでもあるのです。コルタードを注文するときは、ピーカンパイを一緒に食べてください。

アル・マサアカフェ

 

昼でも夜でも、キングダム・センターの方を向いた席を選んでください。首都のセンターにあるアル・マサに来る一番目の理由は、この景色です。そのほかにも、おいしいコーヒー、おいしいランチメニュー、爽やかなモクテルなど、訪れるべき理由はたくさんあります。リヤドを象徴する建物の木陰で飲むヴァージンモヒートは格別です」。"