冬に味わうべき季節の地元料理

冬に味わうべき季節の地元料理

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

ナジュドのコンフォートフード

心が満たされるような必食の料理

バキーラ(Bakeela)

バキーラ(Bakeela)は心が安らぐような料理。国の北部で育つサマハという植物の粉をこね、デーツを混ぜて作られます。国内で気温が最も低いジャウフ地方で人気があります。

 

サリーグ(Saleeg)

特にヒジャーズ地方で人気のある、伝統的な冬の料理。気温が下がり始める季節の、地元の人々のお気に入りです。お米をチキンスープとミルクで炊き上げ、ジューシーなチキンとバターを添えれば、リゾットのようなクリーミーなサリーグ(Saleeg)のできあがりです。

 

ヒナイニ(Hinaini)

簡単に作れるだけでなく、栄養価も満点のヒナイニ(Hinaini)。デーツ、ブラウンフラワー(ふすま入り小麦粉)、ギーの3つが必須の材料で、これだけで食事にもなる一品です。お好みに合わせて、ひとすくいの生クリームをトッピングします。

 

砂漠のトリュフ

冬の最初の雨が降った約1週間後、そのときだけ現れる「砂漠のトリュフ」を求めて、ハンターが東部の砂漠に向かい、先人から学んだコツを頼りに探します。種類も多くあり、中でもズベディ(Zubedi)が最も貴重だとされます。スープにしたり、カブサ(Kabsa)に加えたりなど、あらゆる料理をグレードアップさせてくれる食材です。

 

マタズィーズ(Matazeez)

鍋で肉、野菜、香辛料を煮込んだ中に、一口大の生地を加えた、ボリュームたっぷりのシチュー。味が染み込んだ生地がなんとも言えません。食べ始めると止まらなくなること請け合いです。

 

アブファルワ(栗)

初冬に収穫された栗は、ローストされた後、蜂蜜やギーとともに提供されます。冬のピクニックやケシュタ(クリーム)の必需品です。

 

ヒジャーズアーモンドコーヒー

寒い冬の日には、熱いコーヒーに勝るものはありません。ただこの飲み物は、その名前とは裏腹に、実際にはコーヒーは含まれていません。ミルクに中東地域のスパイス、ブランチングアーモンド、米粉を加えた、インスタ映えするこのドリンクは、コーヒー好きも唸らせるでしょう。

 

ジャリーシュ(Jareesh)

何世代にもわたってレシピが受け継がれているジャリーシュ(Jareesh)は、冬の食事にぴったりな、ボリュームたっぷりのお粥のような料理です。挽き割り小麦や米で作ったお粥に、鶏肉などの肉を入れ、あめ色になるまで炒めた玉ねぎをたっぷりのせて、いただきます。

伝統的なジャリーシュはサウジ料理のレパートリーに欠かせない一品。肌寒い夜を温めてくれるジャリーシュは、食事のフィナーレに最適です。

 

アシーダ(Aseedah)

サウジアラビアの国中を旅すると、地域ごとに異なる地元料理があることに気付くでしょう。そんな中、全国的な人気を博している伝統的な料理のひとつがアシーダ(Aseedah)です。全粒粉から作られる、シンプルながら侮れない一品。上部に作ったくぼみに、ギーや蜂蜜を流し込んで提供されることもあります。

 

オーツスープ

サウジアラビアで見られる美味しいスープ料理の中でも際立つのが、チキンオーツショルバです。お椀から湯気が立ち上るスープは、冬にぴったりのお気に入り料理になるでしょう。

 

カラクティー(Karak Tea)

スパイスをふんだんに使用した、風味豊かなカラクティー(Karak Tea)。最近は人気が高まり、たいていのドライブスルーカフェのメニューに見られます。このお茶は、南アジア出身の外国人コミュニティによって広まったと言われています。

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み

デバイス機器を傾け回転させてください。
現在のウィンドウは小さすぎてこのシートを正しく表示できません。サイズを変更してください。