アブハーにあるアルナスブ地区 アブハーにあるアルナスブ地区

アブハーの歴史的記憶

アブハーにあるアルナスブ地区

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

 

数百年前にさかのぼるアブハーの歴史的な地区やその独特な建築などを通して、アブハーの歴史を知ることができます。その中で最も注目すべき地区は、アブハーの真ん中とその谷の側面に位置するアルナスブ地区です。「ナスブ」という名前はアラビア語で「位置すること」という意味です。アルナスブの名前の由来は谷から地区の建物を守るために建物の下に石設置されたということです。

アブハーにあるアルナスブ地区 アブハーにあるアルナスブ地区

長年にわたる文明

 

アルナスブの古い土の建物は、建設から 200 年以上が経過したにもかかわらず、依然として耐久性を維持しています。アシール州のアイデンティティを表す豊かな色彩、伝統的な模様、有名なアルカット・アルアシーリ装飾などがその建物の特徴です。

同地区の最も重要なランドマークの一つはアルナスブモスクです。約1689年に設立され、約1862年に修復されたモスクは歴史的な目的地となっています。

アブハーにあるアルナスブ地区 アブハーにあるアルナスブ地区

遺産で散歩

 

遺産的な建築物がお好きな方はきっとアルナスブが気に入ります。アルナスブを散歩しながら昔ながらの建物の壁や経路を見学してみてはいかがでしょうか。アルナスブの建築物は「アルラクフ」という建築工法が特徴であり、宮殿の扉に設立の日付が刻まれています。同地区は、自然に自生する植物や、道路や岩の間の樹木で飾られています。その鮮やかな緑と古い建物と一体化した景色が素晴らしいです。