ジャウフの観光 ジャウフの観光
  • に最適
  • 歴史
  • 食べ物
  • 文化

ジャウフを探索

ジャウフを味わう

文化、歴史にオリーブも

ジャウフ滞在中に訪れるべき場所

  • 世界最大規模の近代的なオリーブ農園
    世界最大規模の近代的なオリーブ農園 世界最大規模の近代的なオリーブ農園

    世界最大規模の近代的なオリーブ農園

    ジャウフでは2007年以来、サウジアラビア料理に欠かせないオリーブの栽培が行われています。今日この国の北部にあるこの地域には、世界最大の近代的なオリーブ農園があり、500万本以上のオリーブの木から年間約1万5000トンのオリーブオイルを生産しているジャウフ農業開発会社は、ギネス世界記録に認定されています。地元産のオリーブやオリーブオイルを使った料理を味わう機会をお見逃しなく。冬に旅行を予定している方は、この地域で毎年1月に2週間開催される伝統的なオリーブフェスティバルを体験できるかもしれません。このフェスティバルでは、アートコンテストやオリーブ栽培のセミナーなど、文化、社会、教育的なイベントやレクリエーションが行われます。

  • ラジャジールの石柱 ラジャジールの石柱

    ラジャジールの石柱

    古代アラビアの謎に迫るラジャジール(Rajajil)の石柱群への旅。アラビアのストーンヘンジとも呼ばれるこの場所には、黄土色の砂岩から掘り出された50以上の起立した一枚岩が集まっています。当初は占星術的な役割があると見られたこの古代の石群は、現在では埋葬地であったと考えられています。発掘調査により、紀元前5~6世紀の広大な葬儀設備と道具や材料が見つかりました。

  • ザーバル砦からの眺め ザーバル砦からの眺め

    ザーバル砦からの眺め

    現在見られるザーバル砦(Zaabal Castle)は200年以上前に建てられたものですが、一部にはナバテア文明にさかのぼる建造物も含まれています。サカーカ(Sakaka)の北にあるこの山頂の砦の下には、何世紀にもわたって住民に真水を供給してきた掘り抜き井戸システムがあります。4つの塔が1枚の壁でつながった形の砦からは、街の素晴らしいパノラマビューを望めます。

旅のヒント

  • 宿泊場所

    街の中心部に位置するラウム イン サカーカ(Raoum Inn Sakaka)は、バドミントンコートや温泉などを併設。クライヤト(Al Qurayyat)にあるハイアット アルフルサン ホテル(Hyatt Alfursan Hotel)には庭園と温水プールがあります。サカーカにあるオリーブランドホテル(Olive Land Hotel)は、空港やアルジャウフプラザ(Al Jouf Plaza)ショッピングセンターに近いロケーションです。

  • 食事スポット

    メシュカル ディワニヤ(Meshkal Diwaniyah)では背の高い金属製のポットから注がれる伝統的なお茶を味わえ、ソウフラジー(Soufragy)ではシーフードとエジプト料理を、アルヌスルホテル(Al Nusl Hotel)のメインレストラン、グリナル(Gulinar)では各国のテーマ料理を楽しめます。地元の味ならレストランチェーン、アルタザジ(Al Tazaj)へ。

  • エンジョイスポット

    サカーカの南西にあるアル フンファ自然保護区(Al Khunfah Natural Reserve)には、カメ、マウンテンガゼルのほか、カワラバトやミミヒダハゲワシなどの多種多様な鳥が生息。野生生物を観察できます。古代都市ドゥーマット・アル・ジャンダル(Dumat Al Jandal)では、マリッド砦(Marid Castle)の遺跡やアルダリ地区(Al Dar’i Quarter)の遺跡を巡れます。

  • レンタカー

    ジャウフの国内線空港ではアルリハイリ(AlRehaili)Car Rentalなどのレンタカー会社を利用でき、サカーカの町には、AlRehailiとiYeloのオフィスがあります。

探索沙特的其他城市