ジェッダでのサウジアラビア観光
  • に最適
  • 都市
  • 芸術
  • 文化

ジェッダを探索

ジェッダ

古代と現代が出会う場所

ジェッダでのアクティビティ

ジェッダ, ご滞在時のおすすめ:

  • アル・バラド

    アル・バラドを発見

    ユネスコ世界遺産に登録されている歴史地区アル・バラドは、サウジアラビアで最も想像力を掻き立てる場所のひとつ。古代のサンゴ石で作られた商人の家の間を走る狭い路地が、スパイスが香るスークや光を放つ伝統的なベーカリーへと続いています。近年、建物の多くが丁寧に修復されました。アブドゥルアズィーズ・イブン・サウードがサウジアラビアを統一して王になる前の1925年に滞在した、106室からなる壮大なナシーフ・ハウス(Nasseef House)もそのひとつです。空いていたスペースはユニークなカフェやアートギャラリー、マンゴール(mangour)の木工工房になっています。7世紀に作られたこの地区は今、未来を見据えています。

  • ジェッダ・コーニッシュ

    ジェッダのコーニッシュを探索

    長さ4.2kmのコーニッシュは、桟橋やスイミングベイ、レストラン、緑豊かに造園されたウォーキングコースやサイクリングコースなどが揃うスポットへと変化を遂げてきました。ジェッダの冬の気候は穏やかで乾燥しており、気温は摂氏20~32℃。ウォーターフロント沿いに点在する、1970年代に初めてジェッダにもたらされたヘンリー・ムーアやジョアン・ミロらの彫刻作品を巡って散策するにも最適です。多くの人は、紅海に沈む夕日を眺め、世界一の高さ300mを誇るファハド王の噴水を見にここにやって来ます。大噴水は真夜中までライトアップされ、年間を通じて街じゅうからその光景を目にすることができます。

  • タイバットシティ

    タイバットシティを訪問

    漁労部族の時代から、初期のアラビア貿易、その後の巡礼者の時代まで、ジェッダには2500年の豊かな歴史があります。タイバットシティ博物館(Tayebat City Museum)では、ジェッダおよびアラビア半島のストーリーを紹介しています。この広大な複合施設は、ロシャンと呼ばれる窓覆いと華麗な尖塔を備えた伝統的なヒジャーズ様式で建築され、4つのフロアと18のウィングに6万点を超える品が展示されています。古代の硬貨や写本、サウジの伝統衣装が見られるほか、メッカのグランドモスクの中心にある神聖な黒い立方体の建造物、カーバ神殿も再現されています。

旅のヒント

  • 宿泊場所
    サウジアラビア屈指のホテルである、コーニッシュにある豪華な大理石のリッツ・カールトン(Ritz-Carlton)、ヤシの木陰のあるプールエリアを備えた海沿いのシェラトン(Sheraton)、ビジネス向けのモーベンピックホテル(Mövenpick Hotel)、モダンなヒジャーズ様式のラディソンブル(Radisson Blu)など、ジェッダには数多くのホテルがあります。
  • 食事スポット
    洗練された中華料理のトキ(Toki)、海を眺めながらレバノン料理を楽しめる豪華なマターム・アル・シャルク(Mataam Al Sharq)、豊富なテーマビュッフェを提供するアル・サフィナ(Al Safina)、スマートでモダンなイタリア料理のアロミ(Aromi)、新鮮な魚を味わえる、賑やかなセントラルフィッシュマーケットなど。
  • エンジョイスポット
    ジェッダの壮大な海岸線沿いではセーリングやバナナボート乗りを楽しめます。1月に始まる「ジェッダ・ショッピングフェスティバル」でお得な品を探したり、アル・バド(Al Bado)、カベル(Qabel)、ハスキア(Khaskiah)、バブ・シェリーフ(Bab Shareef)といったジェッダの活気あるスークで交渉術を試したりなど、ショッピング体験も。日没時にアスファン(Asfan)近くの山々を歩いて1日を締めくくりましょう。
  • レンタカー
    キング・アブドゥルアズィーズ国際空港や街全域に、Enterprise、Budget、Theeb、Hancoなどのレンタカー会社があります。

サウジの他の都市を探索

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み

デバイス機器を傾け回転させてください。
現在のウィンドウは小さすぎてこのシートを正しく表示できません。サイズを変更してください。