ジェッダでの音楽

世界を旅したジェッダの音楽

ジェッダでの音楽

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

 

紅海の人魚姫の名で知られているジェッダと近隣の文明とのつながりから、芸術の発祥地となり、音階や音楽の宗派の学校となり、そこから特別な民族色が世界に打ち出され、その海岸で芸術を味わったベテラン歌手たちのメロディーと歌声は、世界の著名な劇場や笛族に響いたのです。紅海の人魚姫の夜は、今も芸術が豊かで、楽しい音楽で溢れているの です。

ジェッダ、独自の音楽を発明

 

ジェッダ市のあるヒジャーズの海岸から、最も古い音階となった「アル・マカム・アル・ヒジャーズ」が広がり、大作曲家の作品の中で中東に出現しました。このアルヒジャーズの名の下での活躍は、タラル・マダーフ、モハメッド・アブドなど、ジェッダで育った偉大な芸術家たちによるもので、アルマジュール、アルカビティ、アルバハリ、オムサヤット・アルヤンバウィなど、さまざまな地元の民族音楽が知られるようになりました。

ヒジャーズ・アートの拡張

 

多くの地元アーティストがヒジャーズ色を歌で表現し、ヒジャーズ芸術を湾岸や世界に広めることに貢献しました。忘れられない世界遺産である「アル・ミズマール」は、ヒロイズムとプライドの唱和を伴う民族舞踊で構成されたものです。ユネスコ文化遺産に登録され、ジェッダの素晴らしく楽しい夜を祝った「ミズマールショー」が心に刻まれ、ジェッダ歴史地区などの特定の広場で民族楽団による「ミズマールショー」を見ることができるのです。

ジェッダで楽しむサウジアラビア音楽と生演奏を聴く場所

 

これらのセンターと研究所は、継続的かつ魅力的なアート空間で、新しい世代のアートファンや街を訪れる人々に出会っています。

ゼリヤーブの集まり

 .

歴史的ジェッダで毎週開催されている音楽会「ベート・ゼリヤーブ」では、サウジアラビア人のアーティストが叙情的な古典音楽を再出版し、音楽教育コースも提供しています。

文化芸術協会

 

「音楽会」は、音楽の夕べを復活させ、楽器の展示を行うなど、芸術の象徴にまつわるイベントを開催しており、文化芸術協会では初めての試みとなります。

ミューズセンター

 

ミューズ・センター」では、演奏の指導や文化・歌の夕べに参加しています。文化芸術協会では、ショッピングモールやアル・バラドなどの歴史的な地区で、「民俗芸能グループ」の夕べを随時開催しています。

過去と現在の間における芸術

 

芸術は、ここに住んでいた人々の文明を知る窓であり、それらが伝える芸術的・道徳的センスの重要性から、ジェッダ市は歌や聖歌の歴史や音楽の研究に関心を持つようになったのです。

過去

 

ジェッダで最初に音楽と演劇の授業を導入したのは、西暦1960年、「アル・サーグル・モデルスクール」の前校長である「ムハンマド・フェダ」で決まりました。

現在

 

地元の芸術の先駆者たちが文芸サロンでオリジナル芸術を共有するために集まった、よく知られた夜会もありました。「芸術サロン」は、サウジアラビアの音楽家で詩人の「ジャミール・マフムード」によって1412年にジェッダで設立され、今まで続けており、ユニークなツールと見事なパフォーマンスで訪れる人々を驚かせています。