タブーク、ワディ・ディサ、ダイビング

タブーク発のおすすめ日帰り旅行

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

最近タブークは、地元の人にも観光客にも人気の観光地になりました。この街は、歴史と美しさに溢れています。タブークでは、文化、多様な風景、素晴らしい景色、自然の中での様々なアクティビティなど、そのどれも楽しむことができます。

タブークではメガプロジェクトのNEOMが計画されており、ここ数年は国際的にも注目されています。しかし、国の歴史の中で常に重要な役割を果たしているこの街には、多くの文化遺産や自然の景観が残されています。

街自体にも見どころはたくさんありますが、周辺地域に足を延ばせば、さらなる冒険や探索をすることができます。

ワディ・アルディザ

タブークから約260kmのところに、ワディ・アルディザ渓谷があります。プリンス・モハメド・ビン・サルマン自然保護区内にあるこの渓谷は、山の多い地形、緑豊かなヤシの木、小川、そして隠れた温泉などで知られています。

ワディ・アルディザには、ナバタイ王国の時代に遡る過去の遺物もあります。渓谷のいたるところに、古代の文章が刻まれている様子を見ることができます。

このエリアは、そびえ立つ木々や山々を背景にハイキングやピクニックを楽しむのに最適です。

ハクルの難破船

タブーク州のハクルの街から約55km離れたところに「サウジのタイタニック号」と呼ばれる悪名高い難破船があります。この難破船は、美しいビーチや見渡す限りの海岸線が広がる大きな湾にあります。街の周辺はそれほど開発が進んでいないため、人里離れたビーチはキャンプにも最適です。

ドゥバー

タブークの近郊にある小さな港町で、初期のイスラム時代にタイムスリップすることができます。この地域は、アル・ウラーとの交易路について記したプトレマイオスや、1790年のメッカへのハッジ(巡礼)を記録したアラブの族長のアブド・アル・ガーニー・アル・ナブルシなどによって言及されています。

ドゥバで最も有名なスポットは、世界遺産の候補にもなっている14世紀初めのアル・オズラム城です。かつては、メッカに向かう巡礼者たちの重要な滞在場所で、近隣諸国との貿易のためのアクセスも提供していました。そのため、現在でもここには大きな価値があります。

史跡をもう1つ挙げるとしたら、アブドゥル・アズィーズ王がこの街を征服した後に建てた城でしょう。ここは、当時の外観を保つために、同じ素材を使用して最近改装されました。

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み

デバイス機器を傾け回転させてください。
現在のウィンドウは小さすぎてこのシートを正しく表示できません。サイズを変更してください。