野外博物館の古代のルーツを発見する

タブーク:

野外博物館の古代のルーツを発見する

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

ナバテア時代にさかのぼる古代の建物から、新バビロニア帝国の歴史的な遺物、イスラム以前の村々まで、タブークは様々な長い歴史を持っています。

タイマーの遺跡

まず見るべき場所は、サウジアラビアで発見された最古の人間居住地であるタイマーです。青銅器時代 (紀元前3300年〜1200年) に最初に居住したと言われているオアシスの町には、古代エジプトのラムセス3世の碑文 (紀元前1186年〜1155年) や古代アラム語の碑文 (紀元前600年) を特徴とする楔形文字など、数え切れないほどの遺産があります。最後の新バビロニア皇帝ナボニドスは、引退後の10年をタイマーで過ごしたと言われています。街を歩くと、そこに染み込んだ長い歴史を感じることでしょう。

古代の宗教上重要な地を探索する

古代の宗教上重要な地を探索する

しかし、人類の古代史の場所はタイマーだけでなく、アルビダもあります。発掘調査により、ナバテア式とギリシャのイオニア式 (紀元前300年) で装飾された古代の埋葬地が見つかりました。この地域は、ミデヤン人の古代の宗教的な町であると広く信じられており、預言者ムーサー (モーセ) が10年間滞在した預言者シュアイブ (別名マグハー・シュアイブ) の町です。同様に、マクナの町はアブラハムの宗教の中で重要な役割を果たしており、ビル・アル・サイダニ (Bir Al-Sa’idani) もあると言われています。モーセが預言者シュアイブとの旅が始まったときにそこから飲んだといわれる有名な井戸もあります。

歴史をたどる

歴史をたどる

遺産といえば、タブークには目がくらむほどの多様性があります。広大で神秘的な山々が連なるジャバル・ヒスマ (Jabal Hisma) には、イスラムの初期にさかのぼる何千もの古代のクーフィー体で書かれたアラビア語の碑文があります。沖合では、Georgios G. 船とカタリナの水上飛行機 (1900年代初頭) の2つが沈没して静かに横たわっています。

これらの場所に立っていると、過去の無数の帝国、古代の部族、預言者の歴史を感じることでしょう。そして、歴史愛好家であろうと、価値のある冒険を求めているバックパッカーであろうと、これらの土地には何十年にもわたる物語が詰まっており、かけがえのない体験を得ることが出来ます。

その他の注目スポット:

● タブーク城 (紀元前3500年)
● カスル・アル・ハムラ城 (紀元前700年)
● 旧市街の壁 (紀元前600年)
● ハダージの井戸 (紀元前500年以前)
● カスル・アル・アブラク城 (西暦600年)
● カスル・アル・ラドム (西暦900年)
● カスル・アル・ベジャイディ、アル・ハディカ・マウンドなど

夏の目的地を探す

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み

デバイス機器を傾け回転させてください。
現在のウィンドウは小さすぎてこのシートを正しく表示できません。サイズを変更してください。