Tabuk: A History in Transit

サウジ北部の玄関口、タブークの郷土料理を味わってみましょう

様々な味の交わり:タブークの料理

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

タブーク地方は様々な文化が集まるところで、周辺の国々の影響を強く受けた料理や地域に特有の食材を使用した料理が見られます。

タブークの典型的な食卓には、レバント地方の大皿料理とシーフードが並びます。地元では新鮮な魚介類が好まれていますが、冬期には体が温まる肉料理を食べるなど、天候に合った料理を作ることによりバランスをとっています。とはいえ、街で必ず目にする定番の料理があります。

Sample alternative image text

ヨルダン料理の影響が色濃いシュラク(平たいパン)、アラシューフ(スープ)、マンサフ(羊肉料理)はタブーク地方の主食です。マンサフは平たいパンの一種、肉、米、そして主な材料のジャミード(熟成・乾燥させたミルク)で構成されています。

サウジアラビアでは、ほとんどの料理を分け合って食べます。米と一緒に肉または鶏肉、ナスやカリフラワーなどの野菜を炊いたマグロバも大皿料理の1つで、タブークの食卓に登場します。

タブークの気候は寒冷で、冬の食卓にはボリュームがありほっとするようなものが並びます。マフルカやジャマリアは、体を温めエネルギーもたらしてくれます。作り方はユニークで、はじめに小麦粉を水で練って薄い円盤状し、熱した炭の下に置きます。焼けたら細かく切り、デーツまたはハチミツ、ギーと一緒に手で混ぜ合わせます。

タブーク地方は沿岸部に位置しているためシーフード料理も豊富で、特に有名なのがシャディヤです。

夏の目的地を探す

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み

デバイス機器を傾け回転させてください。
現在のウィンドウは小さすぎてこのシートを正しく表示できません。サイズを変更してください。