ターイフの博物館を巡る

かつての都市国家の豊かな過去を発見しましょう

ターイフの博物館を巡る

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

サウジアラビアの西岸には長い歴史があり、特にターイフはイスラム教以前の時代に都市国家として重要な役割を果たしていました。また、ヒジャーズ地域における貿易と巡礼の中心都市として機能しました。

現在この街には、暑さをしのぐための国内の主要な避暑地となっています。一年中涼しく過ごしやすい気候のため、非公式の夏の首都として知られています。

ターイフの希少なバラの品種は今日でも需要が多いことは注目に値します。オーモンド・ジェーン、シャネル、ゲランなど数多くのブランドの香水の香りとして使用されています。

ターイフの北部わずか40kmの場所にある遺跡の岩に刻まれた古代の彫刻は、遠い昔に遡る歴史を証明しています。そして現在も、その古代の旅路の名残を見ることができます。この交易路の一部は、過去の姿を保存するために最近復元されました。

 

シュブラ城

1905年にシャリフ・アリによって建てられたシュブラ城は、サウジアラビアの王室がこの街を訪れた際の常宿として使用されていました。1995年に博物館に改装され、一般公開されました。現在では、約4,000点の様々な遺物や、長年にわたって収集された考古学的なアーチファクトが収蔵されています。シュブラ城は、ローマ風のモチーフをいくつか取り入れたイスラム建築のデザインが見事で、国内で最も重要な美術館の1つとされています。

シャリフ博物館

あちこちで話題にされている私設の美術館ですが、それ以上に有名なのはオーナーの方かもしれません。アルシャリフ・アリ・ビン・マルバスは貴重な歴史的遺物を探し求めて、全国を約30年間旅しました。膨大な遺物のコレクションを収蔵するシャリフ博物館は、現在ターイフの人気スポットになりました。機会があれば定期的に開催されるオークションに参加して、歴史に触れてみましょう。

Abdullah bin Abbas Mosqueのライブラリ&博物館

アブドゥッラー・ビン・アッバース・モスクは現在も使用されているモスクですが、イスラム教の古代の芸術品を集めた博物館と充実したライブラリを併設しています。モスクは数回の変更を経たのち、サウード国王の治世の間に改装・拡張工事が行われました。

現在、モスクの周辺は有名なアル・アッバス通りのように住宅やショップが立ち並ぶエリアで、商業・文化の中心地となっています。特に聖なるラマダーンの期間になるとアブドゥッラー・ビン・アッバース・モスクには、祈りを求めてイスラム教の指導者たちや大勢の人々が集まります。

Googleマップで所在地を見る

他の目的地を発見

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み

デバイス機器を傾け回転させてください。
現在のウィンドウは小さすぎてこのシートを正しく表示できません。サイズを変更してください。