ヤンブーの海深くへ潜る

サウジアラビアのスキューバダイビングの中心地

ヤンブーの海深くへ潜る

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

ヤンブーのユニークな歴史

比較的小さな港湾都市が1970年代に産業大国として重要な発展を始めた一方で、ヤンブーの歴史は、イエメンとエジプトの間に香料と香水を運ぶ道を確立したミナエア人が立てた古代の神秘的な王国とともに、紀元前500年頃まで遡ります。300近くの天然温泉、つまり「ナバース」 (したがって、ヤンブーと呼ばれます) と港があることから、この街は商人にとって重要な休息地でした。

紅海の真珠

紅海の真珠

しかし、ヤンブーはその独特の歴史だけでなく、海の素晴らしさを感じられるスポットでもあります。この港町は、サウジアラビアのスキューバダイビングの中心地として知られており、愛称として「紅海の真珠」と呼ばれています。宝物に囲まれているかのような海中の景色、スキューバダイバーのコミュニティ、豊富な海洋生物が生息するヤンブーは、マリンアクティビティを楽しむ人にとって最適な場所です。

セブン・シスターズ珊瑚礁

セブン・シスターズ珊瑚礁

手つかずのサンゴ礁から古い難破船まで、すばらしいダイビングスポットもいくつかあります。何よりもまず見るべきなのは、シュモクザメが見られることで広く知られているセブンシスターズにあるサンゴ礁の集合です。このダイビングスポットには、世界で最も綺麗なサンゴ礁の群れがあります。大きくそびえ立つサンゴ礁の壁の裏にあるサンゴが広がる大地は、まるでカラフルな水中コスモポリタン都市かのようです。

ダイビングで歴史ある難破船を探索

ダイビングで歴史ある難破船を探索

セブンシスターズの一部であるアブガラワ (Abu Galawa) には、カラフルなサンゴとエキゾチックな魚が点在しています。また、ダイビングスポットは、第二次世界大戦の難破船があることでも有名です。この難破船は1947年に沈没した中国のタグボートで、現在は完全にサンゴで覆われています。難破船といえば、興味深い歴史を持つ Luna と Iona と呼ばれる2つの難破船へのダイビングもおすすめです。英国の船である Iona は、隣接するサンゴ礁に衝突したときに沈没し、今では海洋生物の多様な住処となっています。しかし、第一次世界大戦中、イギリスの船が紅海にどのように侵入したかは未だに謎です。

「不安は自由に付いてまわるもの」だと言う人もいます。しかし、ヤンブーでスキューバダイビングをする場合、どの場所で始めるのがおすすめなのかは、いつものように、専門家に相談するのがおすすめです。ボートに乗ってダイビングスポットを手配し、ガイドとペアを組んで、機器を提供するダイビングショップが次のように無数にあります。

Saudi Diving Center (058 388 8301)

Diving Bubbles (050 562 0679)

Dolphin Free Diver (054 642 0600)

Natlus Divers (012 206 1548)

Diving Leaders (056 503 0966)

他の目的地を発見

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み

デバイス機器を傾け回転させてください。
現在のウィンドウは小さすぎてこのシートを正しく表示できません。サイズを変更してください。