ヤンブーの料理の魅力

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました

人が集まる場所があるとすれば、それは夕食の食卓です。ここでは、ヤンブーの料理をご紹介します。

海と近隣諸国のそばに位置することから、ヤンブーではシーフードを取り入れたアラビア料理を楽しめます。味付けは、殆んどのサウジアラビアのものとは異なり、親しみやすいものです。

ヤンブーには様々な料理があるものの、レパートリーに合わせたいくつかの新しい料理を除き、長い間あまり変わっていません。

cafe

イードの朝食に欠かせないお祝い料理の一つが、ボウルで出されるアラビア版のミューズリーのディプヤザです。通常ドライアプリコット、アプリコットネクター、粗糖、ギー、カルダモン、シナモン、ミックスナッツ、その他のドライフルーツ(デーツ、レーズン、イチジクなど)のすべてまたは一部を使用します。

しかし、もし典型的なヤンブーの朝食に割って食べるパンが出されたら、ファトゥートの可能性があります。マディーナが発祥と言われている軽めでサクサクした食感のこのパンは、今では朝食の定番になっています。主な原料はヨーグルトです。

紅海に近いヤンブーの伝統料理の主役がシーフードなのは当然のことです。周辺の海岸で最も有名な料理とされているのはシャディヤ。スパイスを加えた米と魚の伝統的な料理で、サウジアラビア北部や周辺の国々で食されています。しかし、スパイスや旬の魚を使用しているヤンブーのものは特徴的です。

ヤンブーには、コンク(貝の一種)を使用したサウジアラビアの有名なカプサ(米料理)の地元版もあります。

魚の干物はヤンブー料理の定番です。魚を切って塩漬けにし、一定期間乾燥させたものを魚介類と煮込む料理は、特に冬場に食べられています。

また、この地域ではボリュームのあるおいしい煮込み料理も作られています。ヤンブー・アルナフルの名物料理である魚のモロキアは、地元で親しまれているコンフォートフードです。

ヤンブーの典型的な料理の特徴は、様々な味の調和です。柑橘類を添えた焼魚または揚げた魚にタヒニソースをかけたマシャルマルから、タマリンドと一緒に煮込んだ香りの良い魚のシチューのマフティまで、匂いだけでも味覚をそそります。

これらの地元料理にはアラブの世界の影響で米が添えられます。エビを組み合わせたマドース(米とレンズ豆)を味わってみてください。

デザートもヤンブー料理の一部で、一口サイズのスイーツは甘党の人にぴったりです。極薄の生地にローズウォーターを加えてシロップをかけ、すりつぶしたナッツや刻んだナッツ(ピスタチオなど)またはゴマを添えて作ったプレッツェルのようなお菓子のマッシュアバがその一例です。他にも、ゴマのビスケットのシムシミヤ、アーモンドのビスケットのロージヤなどがあります。

最後に登場するのはハリッサ。ひよこ豆の粉とバターで作ったケーキにバターまたはギーをしみ込ませ、アーモンドで飾ったお菓子です。ほっとするようなボリュームのあるデザートで、ヤンブーの人たちが集まる際にアラビアコーヒーや紅茶と一緒に出されます。

夏の目的地を探す

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み

デバイス機器を傾け回転させてください。
現在のウィンドウは小さすぎてこのシートを正しく表示できません。サイズを変更してください。