マスマク城塞

リヤドの魅惑的な歴史を探る

マスマク城塞

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました


サウジアラビアの首都リヤドは現代の大都市で、そびえ立つ高層ビルと99階に位置するスカイブリッジがあります。しかし、この都市には伝統と歴史が深く根付いています。

リヤド中心部の旧市街には、築150年のマスマク城塞があります。マスマク城塞は王国の台頭のために重要なスポットとなった粘土と日干しレンガの巨大な城塞で、サウジアラビアの物語で名高く輝かしい歴史を思い起こさせます。今日知られているように、1902年にアブドゥルアズィーズ・イブン・サウード国王がこの城塞を攻略したことが、サウードの名で王国を統合する第一歩となり、サウジアラビアの建国につながりました。

1865年に建てられた城塞は、多くの目的のために利用されてきました。もともとは都市を保護する守備隊を収容するために使用されていましたが、後にアブドゥルアズィーズ国王の襲撃に続いて弾薬倉庫となり、さらに後には刑務所として使われました。

マスマク城塞

マスマク城塞

前に木がある博物館

今日、修復された建物は博物館として開放されており、時間をさかのぼってサウジアラビアのルーツを探索することができます。1912年から1937年までのサウジアラビアの地図と写真に加え、様々な歴史的遺物や芸術作品などの魅力的な展示品があり、視聴覚アトラクションも利用可能です。短いドキュメンタリーでアブドゥルアズィーズ国王による城塞の攻略が再現されており、木製の門に埋まっている彼の槍の穂先を今でも眺めることができます。城塞の外に出て、広々とした中庭も探索しましょう。城塞のすぐ横には、スーク・アル・ザル(Souq Al Zal)があります。この市場では、伝統的な手工芸品、宝石、スパイス、カシミアスカーフなどを販売しており、王国の豊かな過去を探索した1日の思い出の品を見つけるのに最適です。