アブドゥルアズィーズ王世界文化センター アブドゥルアズィーズ王世界文化センター

サウジアラビアの文化の中心地に飛び込む

アブドゥルアズィーズ王世界文化センター

お気に入りに保存する お気に入りに保存されました


「イスラ(Ithra)」(アラビア語で「豊かにするもの」)として知られるアブドゥルアズィーズ王世界文化センターが2017年にオープンしたとき、砂漠風により滑らかになった石油含有岩石群を表現し、長さ350kmの鋼管にすべてが包まれているという驚くべきデザインのためのみならず、サウジアラビア初の全文化スポットという野心的なビジョンのためにも、それはすぐに象徴となりました。簡単に言えば、それは信じ難い建造物なので、必ず見る必要があります。

内部には驚異的な85,000㎡のスペースがあり、博物館、劇場、図書館、映画館、展示ギャラリー、アイデア・ラボ、ナレッジタワーが収容されています。そのホールの規模と壮大な建築物のため、イスラの不思議を理解するには丸1日かかるかもしれません。ハイライトの例を次に示します(コーヒー休憩を含む)。