サウジアラビアの言語は何ですか?

王国にいる地元の人と同じようにコミュニケーションを取る方法

サウジアラビアの文化と言語

Language and Culture

サウジアラビアの公用語

アラビア語はサウジアラビアの公用語であり、サウジアラビアのすべての先住民の第一言語です。アラビア語はすべての公共取引で使用され、世界中のイスラム教徒が使用する主要言語であり、聖クルアーンもアラビア語で書かれています。しかし、第二言語であり義務教育として学校で習う英語も王国で広く使われています。また、すべての道路標識はアラビア語と英語の二カ国語表記となっています。

「Salam alaykum」は「どうぞ平穏無事でありますように」という意味で、あらゆる場面で使用できる伝統的なアラビア語の挨拶です。これに対しては、普通は「そしてあなたに平和があらんことを」を意味する「Wa alaykum as-salam」と返答します。

Culture

サウジアラビアの文化

サウジアラビアの豊かな遺産と伝統は、歴史的な貿易中心地であり、かつイスラム教の発祥地であるという地位によって形作られました。近年、王国は重要な文化的変容を遂げており、今日私たちが住んでいる現代社会に合わせて何世紀もの続いてきた習慣が進化しています。たとえば、男性と女性のどちらにも控えめな服装の着用が変わらず推奨されており、観光客もぴったりとした服装を避け女性は肩と膝を覆う必要があるものの、女性訪問者のアバヤやヒジャーブ (ローブとヘッドカバー) を着用する義務についてはなくなりました。また、未婚のカップルでもホテルに一緒に滞在したり、女性観光客 (および地元の人々) が車を運転したりできるようになっています。

旅の安全に対する取り組み

旅の安全に対する取り組み